恋愛・結婚

48歳パート主婦が大学生を恋人に…アラフィフ女性たちの不倫&恋愛事情

 今どきのアラフィフは普通の主婦でもキレイな人がぐっと増えた。リストラや減給で元気のない男性に比べ、やけにイキイキとして楽しそう。実はその理由は“不倫”だった!? 情事に走る人妻たちの告白リポートを紹介する!

アフラフィフ人妻

※写真はイメージです(以下、同じ)

大学生の恋人のおかげで見違えるように美しく

― 彩子さん(仮名・48歳)パート主婦の場合 ―

 ファミレスの厨房でパートタイマーとして働く彩子さん。1年前までは、ぽっちゃり体型に常にすっぴん、格好もオールユニクロのTシャツ&ジーパン姿という“フツーのオバサン”だった。近頃、めきめきキレイになったのは、20歳の大学生の恋人ができたため。

「出会いはパート先のファミレス。『あなたの一生懸命働く姿を見ているうちに応援したい気持ちになり、好きになってしまった』とストレートに告白されました」

 こんなオバサンに息子世代の青年がなぜ!? とびっくりしたが、相手の熱意にほだされ関係を持ってしまった。

「デブだし、こんな汚いオバサンと一緒にいたら彼に恥ずかしい思いをさせちゃうでしょ? そもそもオバサンと思われたくないし……」

 と女磨きも再開。15kgのダイエットに成功し、メイクやファッションにも気を使うようになった。見違えるように美しくなったため、職場でも「キレイになったね」と言われることが増えたという。

「彼は『誰かに寝取られちゃうんじゃないか』と心配でたまらないみたい。だからHも情熱的で、一回会うと3回はマスト。満足させてもらっちゃってます(笑)」

 体力・回復力ともに最高レベルの若き彼氏と、何度も何度も交わっているという。

借金返済のためのパート先でW不倫

― 和美さん(仮名・51歳)専業主婦の場合 ―

「更年期障害が始まったら女としておしまい。私の人生そこから先はお先真っ暗。若い頃から閉経が恐怖でした」

 そう語るのは都内の高級住宅地に住む和美さん。白髪をブラウンに染めて巻き髪にし、ネイルの施された指をレースのワンピースに包まれた膝の上に置く。木村多江似の見るからに品のいい奥様だ。

「家事を済ませたら後はずっと暇。あり余る時間をずっと『更年期やだ、怖い』とクヨクヨしていたら、うつ病っぽくなって、不安定な精神を解消するためにパチンコを始めたらハマっちゃったんです」

 結果、老後資金の数百万円に手をつけてしまった。穴埋めをするため慌ててパートに出たのだが、パート先の社長とW不倫に陥ってしまう。

「『ものすごくタイプ。俺の女になってほしい』と言われたんです。夫とは10年以上レスということもあり、下半身が熱くなってクラクラッときちゃった」

 高級レストランでの食事の後はシティホテルでデートという、まるでトレンディドラマのような恋が訪れた。ちなみに、夫は貯金を使い込んだことも、不倫にも一切気づいてない。

次のページ 
独身に戻ったアラフィフ美女が…

1
2





おすすめ記事