恋愛・結婚

不倫する主婦たちの告白「浮気はヨガやエステと同じリフレッシュの時間」

 今どきのアラフィフは普通の主婦でもキレイな人がぐっと増えた。リストラや減給で元気のない男性に比べ、やけにイキイキとして楽しそう。実はその理由は“不倫”だった!? 情事に走る人妻たちの告白リポートを紹介する!

アフラフィフ人妻

※画像はイメージです(以下、同じ)

遊び人とのプレイにハマった高岡早紀似の元CA

― 尚美さん(仮名・56歳)専業主婦の場合 ―

 スレンダーボディに品のいい笑顔、まさに“奇跡の56歳”と言いたくなる尚美さんは高岡早紀似の元CA。バブル時代は毎晩のように、商社や広告代理店と合コンに明け暮れていた。あのチヤホヤされる感覚が忘れられず、結婚後の浮気経験も一度や二度ではない。

「もともと性欲が強いほうなんですよ。でも50歳を迎える頃から、さらに強くなって……。“五十ござむしり”って本当なんですね(笑)」

 知人が開いた既婚者飲み会で出会ったのが、外資系金融機関に勤める50代の遊び人。現在も関係は続いている。

「食事に誘われ『すごいキレイでドキドキしちゃう』と褒められ、『あなたと一晩過ごしたい』と誘われました。『僕も妻子がいるから、慎重に関係を結びたい』と私の家庭への配慮があるのもポイントが高かったですね」

 若い頃から遊び慣れているこの男性はエスコート上手なだけでなく、ベッドでのテクニックも相当なものだった。

「してみたかったことはほとんどしました。今度、彼の友達の不倫カップルと高級ホテルで複数プレイの約束をしてます」

 彼とのプレイにハマり、よりハードな刺激を欲するようになっていく……。

真面目な主婦が同窓会で再会した中年男性とW不倫

― 弥生さん(仮名・48歳)主婦・会社員の場合 ―

 もともと不倫に対して嫌悪感があったという弥生さん。特別美人なわけではないが、しっかりと家庭を守る、夫に愛されてきた人妻特有の色っぽさがある。

「不倫ドラマの『昼顔』を見て『なんなの! 最低!』なんてママ友たちとよく話してた。なのに、まさか自分が同じことをしてしまうなんて」

 出会いは高校の同窓会。二十数年ぶりにあった当時の片思いの相手が、素敵な中年男性になっていたのだ。

「大半は単なるオジサンになっちゃっていましたが、彼はダンディでかっこよかった。私のほうから、『当時、片思いをしていたのよ。ますます素敵になっていてびっくり』と話しかけたんです」

 10代の頃と変わらぬフレッシュな言葉で褒められた男は、途端に弥生さんと恋に落ちた。同窓会後は、互いの時間を縫うように短時間でも会い、ホテルの一室で熱い時間を過ごしている。

「ホテルに入るなり抱き合って濃厚なキス。とにかくずっとイチャイチャです。口でするのは好きじゃなかったけど、終わったあとも彼のをずっと……」

 W不倫なので互いの家庭を壊すつもりもなく、この関係をできるだけ長く続けたいという。子供が成人した今、彼女の願いはそれだけだ

次のページ 
経験豊富なアラフィフ女性は体の相性を重視

1
2





おすすめ記事