雑学

みやぞんの名言が飛び出した!ストレスの捉え方を一変させるその一言とは?

 厚生労働省「平成28年労働安全衛生調査(実態調査)によれば、仕事で強いストレスを抱えている労働者は59.5%に上ったという。

 仕事の強いストレスといっても、パソコンが遅い、プリンタの印刷が遅い、上司の言うことがコロコロ変わる、後輩が働かない、などさまざま。それでもどうにか折り合いをつけて生きているわけだが、たまにストレスが爆発しそうになることもあるだろう。

見た目だけじゃない。言葉でも癒してくれる、みやぞん


 そんなストレスフルな社会で、みんなに癒しを与えてくれているのが、ANZEN漫才のみやぞんだ。まずは、いつもニコニコしている見た目に癒されるが、何気ないひと言にも癒されるとSNSと話題になるほど。

実はどぶろっく唯一の弟子でもあるANZEN漫才みやぞん

自分の機嫌は自分で取る。人に取ってもらおうとしない。

どんなときも、落ち込まないです。落ち込むと周りに迷惑を掛けるので。

目標とかはないんです。夢があると叶っていないことが辛くなっちゃうんで。

注意されたら「ありがとう。もっと良くなれる」と言葉にします。

勘違いしてほしくないのは、僕は僕の人生で頑張ってます。だからそれを見て、「自分は頑張れてないな」とか思ってほしくないです。


 これらは、みやぞんの名言の一部だ。

新Web動画の見どころは51秒後。見逃せないみやぞんの名言とは?


 そんなみやぞんが、今度はメンタルバランスチョコレート「GABA(ギャバ)」の新Web動画「KEEP ON 平常心の歌」に登場。サラリーマンに扮して日々ストレスと闘うすべての人たちを応援するという。「GABA」は、事務的な作業による一時的・心理的なストレスを低減する機能がある「γ-アミノ酪酸(GABA)」を配合した、メンタルバランスチョコレートだ。

みやぞんの新Web動画「KEEP ON 平常心の歌」

 動画の舞台は、サラリーマンに扮したみやぞんが勤務するオフィス。ストレスを感じている場面でストーリーが展開される。


Wi-Fi遅いし

パソコンフリーズ

この席寒いし

上司と目合うし

頼むの遅いし

 一番の注目ポイントは暗転した舞台にスポットライトを浴びたみやぞんが登場するところ(開始51秒後)。みやぞんが、カメラ目線でクールに言い放った、ストレスの捉え方をガラリと変える(?)名言とは……。



最近みやぞんがストレスを感じたのは?


 ちなみに、癒しの人みやぞんが最近ストレスを感じた場面がこれ。

「急いでいる時、『ちょっと急ぎでお願いします、すいません』と運転手さんに言って、『わかりました』と発車したタクシーが、別のタクシーに抜かされる時ですね。3台ぐらいのタクシーに抜かされたことがあって、さすがにその時はストレスが溜まりました」(みやぞん)

KEEP ON 平常心!

 とはいえ、数々の(ストレスが溜まりそうな)バラエティ番組の企画でも、いつもニコニコのみやぞんだけに、そんなストレスにも感謝を忘れない。

「ストレスがあるぐらいがちょうどいいという、強気な部分も多少持った方がいいかなと思います。そして、お風呂に入るとか、子供の顔を見るとか、ストレスを解消する行為自体を楽しみましょう。ストレスがあるからこそ、癒やしというものが感じられるわけですから、ストレスにはある程度、感謝した上で、どうしてもダメな時は、GABA成分の入ったメンタルバランスチョコレート「GABA」を、ぜひ食べていただきたいと思います!」(同)

どうしてもダメな時は「GABA」を食べていただきたいと思います!

 動画撮影時も、外国人上司役とただ目を合わせるだけで、スタッフからクスクス笑いが起きたという、みやぞんの佇まいについて、監督は「何をやっても面白い!」と絶賛。ハッピーな笑顔や明るいキャラクターなど、みやぞんの存在そのものが、周囲のストレスを低減したそうだ。

「ストレス溜まってきたかも?」というときは、メンタルバランスチョコレート「GABA」を食べながら、みやぞんの新WEB動画でちょっとした癒しを得てみてはどうだろうか? <文/日刊SPA!取材班>

提供/江崎グリコ





おすすめ記事