スポーツ

金足農・吉田輝星はどの球団に行くべきか? プロ野球ドラフト2018の楽しみ方

 10月25日に開かれる、プロ野球ドラフト会議。各メディアを賑わす「ドラ1候補」の陰に、即戦力となりうる「隠し玉」も多くいる。見る側として、どう楽しめばよいのだろう?

ドラフト報道

吉田輝星(金足農)はどこに? ’18年ドラフトの楽しみ方


 年間約300もの試合を視察し、これまで数々のドラフト候補を追ってきた西尾典文氏に今年のドラフト会議の見どころを聞いた。

「去年は7球団が競合した清宮幸太郎(早稲田実-日本ハム)を中心としたドラフトでしたが、今年はそこまでの目玉がいません。根尾昂(大阪桐蔭)の評価は高いものの、各球団の1位指名がバラける可能性があります。誰が1位に挙がるか非常に読みづらく、外れ1位には意外な名前が挙がる可能性もあるでしょう」

 気になるのは今夏の甲子園で“金農フィーバー”を巻き起こした吉田輝星(金足農)の進路だ。大学進学も噂されたなか、プロ志望届を提出した金の卵はどこへ進むべきなのか。本人は巨人ファンであることを明かしているが、地元に近い楽天や、育成に定評のある日本ハムを推したいが、西尾氏は吉田をどう見ているのか。

「巨人は根尾を1位指名する方針のようですが、吉田も面白いと思いますよ。野手は岡本和真ら若い選手が育ってきたので、次は菅野智之に続く投手のスターを育てるべきです」

 西尾氏の吉田へのオススメ球団は巨人とロッテということだ。

 ちなみに、西尾氏の今ドラフトのオススメ選手は誰なのだろうか。

「根尾ほど騒がれていませんが、大阪桐蔭の藤原恭大はもっと評価されていい選手です。スター性はあるし、スケールも十分あり、早くからレギュラーを狙えるだけの力もある。高校生外野手が1位指名されるケースはほとんどないですが、一本釣りできたらおいしいでしょうね」

 最後に、ドラフト会議の楽しみ方、味わい方について聞いてみると、西尾氏はこう答えてくれた。

「アマチュアのことを知らなくても、好きな球団のGMになったつもりで『どんな選手が足りないか?』という視点を持つだけでドラフトは楽しくなると思いますよ!」

【西尾典文氏】
’79年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で動作解析を研究。有望株を見極める眼力で注目を集める

取材・文/菊地選手(野球部研究家)
― [ドラフト会議]を10倍楽しむ方法 ―





おすすめ記事
この記者は、他にもこんな記事を書いています