マネー

有望銘柄を青田買い! VALUの先行抽選で手堅く稼ぐ

「人の行く裏に道あり 花の山」とは投資の世界の格言。大勢と逆を行くことでこそ、大きな利益を掴める−の意であるが、世間には常識の裏をかいて大儲けする人が存在する。そんな”現代の錬金術師”に密着取材を敢行した。

DMA-c3

有望銘柄青田買い! VALUの先行抽選で手堅く稼ぐ


<想定利益5万円>
収益性 B/猿マネ度 A/安全度 A


 ローンチ当初、YouTuberの仕手騒動が勃発し、ネガティブなイメージを持たれたVALU。最近再ブームが起きており、次々と100倍銘柄が誕生している

 そもそもVALUとは、株式投資のように、「個人の価値」をビットコインで売買できるサービスである。購入希望者が多ければ価格は上がり、売却希望者が多ければ逆に下がる。まさに“個人版の株式投資”と言えるのだ。

「有望な人のVALUを先行抽選で買っていくだけで、簡単に10〜100倍に膨らみます。最も人気があるのは仮想通貨系の実力派トレーダーで、100倍までいきました。一方で鉄屑回収で20年生活している人のVALUが10倍になることも。『こたつライター』という肩書の人も、100倍以上の値段が今もついています」

 そう語るのは、塾講師をしながらVALU投資にハマるS氏。

先行抽選の相場は、1口が大体100円前後。銘柄にもよりますが10口ほど申し込めるので、1000円ほどの投資で1万~10万円のリターンが見込めます。もちろん、すべてが無条件に上がるわけではないので選球眼は必要」

 ウォッチリスト人数が多かったり、ツイッター等のSNSのフォロワーが多いと注目度が高く、値上がりしやすいとのこと。

 ローリスク&ハイリターンが見込めるVALU。宝くじを買うよりも期待値ははるかに高そうだ。

《注目の新興VALUER》
・おいで猫さん スタート価格1026円
 ウォッチ人数1700人は過去最上級。仮想通貨インフルエンサーのサブアカウントとの噂も

・小川耕生 スタート価格1048円
 インスタグラム7万5000人のフォロワーを抱える。開始価格は高いが期待値も高い

・今田恵理奈 スタート価格147円
 過去の傾向からクリエイティブな本業があると上がりやすい。スタート価格も安い

― 最大1億円 裏ワザ錬金術 ―





おすすめ記事