お金

誰でも稼げる!? 外国人観光ガイドの副業で月15万円の人も

 来る消費増税を目前にして、安月給だけに身を預けるのはもはや自殺行為。副業が当たり前となった昨今、’19年の儲け方にも新潮流が見られるという。平成ラストイヤーに、今もっとも注目すべき副業種を紹介しよう。
ダイジェストで巡るコースが人気

趣味・嗜好の異なる外国人を相手にするため、ベタな定番スポットをつまみ食い的にダイジェストで巡るコースが人気とか

月15万円稼ぐ人も!? 訪日外国人ガイド需要が拡大中

 今、外国人向けの観光ガイドが熱いという。ジェイノベーションズ社長の大森峻太氏は、’18年1月に通訳案内士法が改正されたことがきっかけと語る。 「これまではガイドをするのに資格が必要でしたが、改正後はそれがなくなり誰でもガイドができるようになりました。国も’20年のオリンピックに向けて訪日外国人が増えるよう資金を投入しているので、参入者が増えて活気づいています」  法改正から約1年、まだ十分参入の余地はあるという。 「ガイドの総数は増えましたが、まだまだ人員不足の状態。これからオリンピックが近づけば個人ガイドが飽和状態になることも予想されますから、参入するなら今が絶好のチャンスだと思います」  実際に会社員の副業としてオススメだと話すのは、食品メーカーに勤務しながら週末だけ個人ガイドを務めるM氏(30歳)だ。 「仕事は個人ガイドを扱うOTA(オンライン旅行代理店)に登録すれば、日時や場所、値段の設定も自分で決められるのがいいですね。僕自身は1時間半のガイドで3000円×人数でやっています。一日で10人を案内すれば3万円。手数料15%を引かれて2万5500円の稼ぎになる。なかには完全に複業化させて、月に15日ガイドとして稼働し月収15万円ほどの人もいます。同じ渋谷でも、スクランブル交差点やハチ公前だけでなく、『のんべい横丁』もコースに組み込むなど、喜んでもらえる工夫をするのも楽しいです」  このように、他のガイドと差別化してより多く稼ぐためには、何らかの強みや工夫が不可欠だ。 旅行サイトに掲載「ガイドはOTAの旅行サイトに掲載され、一人ひとりレビューで評価される。人気ガイドにはおのずと多くの依頼が集まるので、ただ案内するだけでなく移動の間も楽しませるなど、エンターテインメント性を高める工夫が必要。40代男性ならではの新橋のガード下飲みや、スナック巡りなどは、外国人ウケ抜群。カリスマガイドも夢ではないでしょう」(大森氏) ― 儲かる副業BEST ―





おすすめ記事