エンタメ

注目女優・黒木ひかりが語る現役JKライフ

 各誌でのグラビア出演のほか、10代を中心に爆発的な人気を博した恋愛リアリティショー『太陽とオオカミくんには騙されない』(AbemaTV)にも出演した黒木ひかり。’19年には映画出演も決まっており、ますます勢いにのる彼女の素顔に迫った。 ――まずは’19年公開の出演作『キドラアローン』の見どころを教えてください。 黒木:『キドラアローン』は荒廃した世界で、謎を秘めた少女たちが戦うお話なのですが、迫力のあるアクションシーンが見どころです。私も少林寺拳法やヌンチャク、ガンアクションに初めて挑戦したのですが、後から映像を見返したらなかなかサマになっていて、我ながら自分の演技力も捨てたもんじゃないなって思いました(笑)。 ――黒木さん自身、かなりの映画好きとか。 黒木:はい。特にホラー映画が大好きで、お気に入りは『着信アリ』です! 洗濯機の中でバラバラの死体がぐるぐる回っていたのが衝撃的で忘れられません……(笑)。平穏な日常に潜む非日常な出来事に、すごく恐怖を感じました。 ――着信アリを観て、出演していた黒木メイサさんに憧れをもったと聞きました。 黒木:そうなんです! 当時小学生だったんですけど、美人でかっこいい黒木メイサさんの演技が脳裏に焼きついていて。実は、私の芸名も尊敬する黒木メイサさんの「黒木」をもらっているんです。 ――最近はファッション誌の『LARME(徳間書店)』やTOKYO GIRLS COLLECTION SHIZUOKAに出演するなど、モデルとしもご活躍されてますよね。 黒木:ありがたいことに今年はいろんなお仕事をいただけるようになりました。ファッション誌の撮影では、普段の自分とは違うファッションやメイクをさせてもらえるので、新しい一面を発見できてすごく楽しいです。ポージングや表情も、そつなくこなせているはずです!(笑)。 ――そして今は、健康本にハマっているとか。 黒木:本屋さんに行ったときに、たまたま糖質制限の本が目に入って。読んでみたら、健康に良いと思っていた野菜ジュースやグリーンスムージーが、実は高カロリーだって書いてあって衝撃を受けたんです。そこから健康に気をつけるようになって、自炊をするときも本のレシピを参考にしています。 ――では、いま女子高生の間で大流行している「タピオカ」もあまり飲まない? 黒木:よく飲みます(笑)。体に良くなかったとしても美味しいので。 ――’18年のJC・JKの流行語大賞の「タピる」も使いますか? 黒木:この前友達に「タピる?」って聞かれてまったく反応できなくて。友達に「タピオカ飲みに行こう」っていう意味だって説明してもらっても、しばらく理解できませんでした(笑)。 ――現在高校3年生の黒木さんは、来年3月で卒業ですね。 黒木:もう制服というものを着れないのかって思うとやっぱり寂しいですね。休み時間に友達と「Tik Tok」をやるのとか、何気ない時間ももう終わってしまうんだなって考えるとしみじみしちゃいます。 【黒木ひかり】 ’00年、東京都生まれ。’18年7月にAbemaTVの人気番組『太陽とオオカミくんには騙されない』の放送後、“神的美少女”と話題に。ほかにも『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)『別冊ヤングチャンピオン』(秋田書店)、や『LARME』(徳間書店)、映画『國士参上!!昭和最強高校伝』に出演するなど、多方面で活躍。最新出演映画『キドラアローン』は’19年公開予定 撮影/田中智久 取材・文/辻野祐馬
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事
この記者は、他にもこんな記事を書いています