エンタメ

高校5年生の女神、黒木ひかりがバラエティ番組で学んだこと

モデルとして清涼感ある美しい横顔を見せたかと思えば、バラエティ番組では“2度の留年”を武器に全力で体を張る。最新出演作の日本が誇る特撮作品『ウルトラマンZ』で天才科学者役を射止めた彼女の本当の素顔とは!? 黒木ひかり

“男性が~”と言うと知的な印象になりますよね

 恋愛ドキュメンタリー番組では“神的美少女”。バラエティ番組では留年を告白して“高校5年生のおバカキャラ”で、多彩に活躍する黒木ひかりが新たに挑戦するのが『ウルトラマンZ』。演じるのは怪獣オタクの天才科学者・オオタユカだ。歴史ある番組だけに覚えねばならない怪獣は膨大だが、あることが役立ったとか。 「兄が大のウルトラマン好きで、幼い頃に私もよく一緒に見ていたんです。そのおかげで怪獣が大好きで、暗記するというよりも懐かしい感覚で新しいものも覚えていくことができました。お気に入りはネロンガ! つぶらな瞳と光るツノがすごくかわいいんです!」  新型コロナ対策で外出自粛生活のなか、台本を覚える時間も十分あった? 「はい! ……でも実は新作の『ファイナルファンタジーⅦ リメイク』もやり込んでました(笑)。遊ぶのはやるべきことをやってからと決めているので、ちゃんと台本を覚えてからですけどね! やることをやったら、マネジャーさんに『しばらく連絡返しません!』と一言入れてゲームに集中です(笑)」  律義なまでのオン・オフの切り替えは、バラエティ番組で学んだのだとか。 「『しくじり先生』の収録で、本番中はいじったりいじられたりの大騒ぎなんですけど、カメラが止まったらお互い『ありがとうございました』と挨拶するのを見て『これが大事なんだ』と気づきました。あとは言葉の使い方も! 例えば“男が~”だと乱暴、“男性が~”だと知的な印象になりますよね。場面によってニュアンスを意識して、言葉を選べるようになってきました」  成長著しい彼女が、本格的に脚光を浴びる日も近いかもしれない。
黒木ひかり

6月に誕生日を迎え、二十歳になる彼女。「恥ずかしいことに、高校生のまま成人式に出ることになっちゃうんです!(笑) そのあとはタイムカプセルを掘り返しにいきたいですね」

【黒木ひかり】 ’00年、東京都生まれ。清涼感あるルックスで“神的美少女”と称され、’18 年の『太陽とオオカミくんには騙されない』(AbemaTV)出演も話題に。以降、モデル、映画、バラエティと幅広く活躍。6月20日より放送予定の『ウルトラマンZ』(テレビ東京系、毎週土曜9時~)では天才科学者・オオタユカを演じる 撮影/田中智久 ヘアメイク/萩村千紗子 スタイリング/野田陽子(ミタケイショウ) ※週刊SPA!5月26日発売号より
週刊SPA!6/2号(5/26発売)

表紙の人/ 堀田 茜

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事