R-30

3度のがんを経験した48歳が語る「私が生き残れた理由」

 三大疾病「がん・脳卒中・心筋梗塞」が急激に増える40~50代。実際にそれらを発症しながら生還した人の話を聞き、病の実情と生き残る方法や気になる治療費など徹底取材した。

3度のがん経験者が語る「私が生き残れた理由」


 仕事も家庭も充実する40代。そんな日常に、突然がんの宣告が突き付けられたら――。ベンチャー企業を経営していた高山知朗さん(48歳)は40歳の時に脳腫瘍が発覚。その後、42歳で悪性リンパ腫を、46歳で急性骨髄性白血病を発病した3度のがん経験者だ。

高山知朗さん

【高山知朗さん】情報収集の大切さを語る高山さんはその闘病記を、著書『治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ』(幻冬舎)やブログ『オーシャンブリッジ高山のブログ』にもまとめている

「発覚の1年ほど前から、視野の歪みに悩まされていたんです。眼科医から『眼鏡を替えてみても治らないなら脳の検査を』と言われていたんですが、忙しさにかまけて放置してしまっていて……」

 そして海外出張中に意識を失い、脳にグレード3の腫瘍が見つかる。

「父も妹もがんで亡くしているのでおそらく遺伝もあったのと、仕事第一で働き詰めだったのでストレスも溜めていたんでしょうね」

 医師から「5年後の生存率は約25%」と宣告されるも、諦めることなく東京女子医大への入院を決めた高山さん。結果、脳の一部の切除によって視野の左下4分の1を失うも、手術は成功。

「治療費も公的医療保険が適用されたのと、がん保険にも入っていたので十数万円ほどで済みました」

 しかし、高山さんの悲劇は続く。

「復帰してまたバリバリ仕事をしていたら、ある日、のたうち回るほどの激痛が左足に走って。悪性リンパ腫が見つかりました」

 抗がん剤で完治するも、今度は薬の影響で急性骨髄性白血病を発病。さい帯血移植治療を経て現在に至る。壮絶な人生を送る高山さんに「なぜ、生き残れたと思いますか?」と、尋ねてみると――。

次のページ 
強い意志で徹底的な調査

1
2
週刊SPA!1/29号(1/22発売)

表紙の人/ 泉 里香

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!


ハッシュタグ




おすすめ記事