デジタル

懐かしすぎる! 新作なのに完全ファミコン仕様の刑事アドベンチャーが登場

ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報


ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠
Nintedo Switch/フライハイワークス/1000円(税込)/配信中

 1月24日にNintendo SwitchのDL専売ソフト『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』の配信がスタートしました。ジャンルは昔ながらのコマンド式アドベンチャー。「ばしょいどう」「きけ」といったコマンドを選んで、事件を捜査していくスタイルです。

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠 このクラシカルなジャンルの新作というだけでファミコン世代には感涙モノ! しかも、イラストは『べーしっ君』『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』の荒井清和さんなのがたまりません。2017年のゲームショウ出展以来、密かに話題になっていましたが、ついに配信の運びとなりました。

 コマンド式アドベンチャーといっても若い世代にはピンと来ないかもしれません。このジャンルは、PCゲームに始まり、ファミコンやディスクシステム期に花開きました。特に探偵・刑事ものが人気。“犯人はヤス”でおなじみの『ポートピア連続殺人事件』、網走のお土産・ニポポ人形を知らしめた『オホーツクに消ゆ』、かにかにどこかにの『さんまの名探偵』。『ファミコン探偵倶楽部』『探偵 神宮寺三郎』も忘れるわけにはいきません。

 しかし、ハードが進化し、CGムービーや3Dアクションなど派手な表現が可能になると、昔ながらのコマンドやテキストを用いたアドベンチャーは次第に過去のものとなりました……。PS1・セガサターン以降も『クロス探偵物語』『御神楽少女探偵団』『ミッシングパーツ』といったテキスト型の名作探偵アドベンチャーが登場していますが、やはりジャンルとしてはすでにノスタルジーが漂っていました。

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠

こだわり満載の電子説明書

次のページ 
事件の真相は伊勢志摩の黒真珠が知る!?

1
2


ハッシュタグ




おすすめ記事