雑学

ユニクロの2990円「レザーメッシュベルト」がスゴい

3/108 レザーメッシュベルト(ユニクロ)2990円

― MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム) ―

3/108

レザーメッシュベルト(ユニクロ)price:2990円

「革製品だけは高いものを買ったほうがいい」としきりに主張する「レザーおじさん」がたまにいらっしゃいます。もちろん「レザーは高いものがいい説」に異論を唱えるつもりはありません。レザーは希少素材、天然素材である牛の皮などを使い職人技術によりなめして作られるため大量生産することが難しい。価値あるものだからこそ値段が高くなるのは道理です。

 加えて、レザー製品はコーディネートの中で目につくもの。レザーはツヤ感を伴うため、Tシャツ素材やシャツ素材などに比べて目立ちやすい。キラリと光を反射して視線を集中させる革製品は粗悪さが特に「バレやすい」ところでもあります。私も昔から革製品はケチらず高いものを選んでいたものですが……ここ数年この考えが崩れはじめてきました。

 ひとつはフェイクレザーの台頭。合皮は化学繊維、日進月歩な化学技術で生成される素材は実は年々リアルさを増しています。10年前、20年前なら「テカテカのビニール」にしか見えなかった合皮ですが、ここ数年は我々プロが触っても判断を誤るほどリアルなものがあります。天然繊維ではないので馴染まず、レザー特有の「育てる喜び」はありません。しかし、それでも見た目に問題なく10分の1ほどまで価格が落ちるなら合皮を選ぶというのも理解できるでしょう。

MB さらにもうひとつはユニクロなどの量販店がレザーの価格破壊を始めたこと。ここで今回のアイテム紹介「ユニクロのレザーメッシュベルト」です。写真の通り、黒と茶色が複雑に馴染んだぬめりのある風合いを持っています。現在で使用3年目に突入していますが、その味わいの出方は1万円クラスの高級品となんら変わりません。どうやって3000円ほどの低価格でこれほどのレザーを使えるのか……。

 バックルなどのデザインも高級感あるシンプル顔でどんな服装にもマッチ。こいつに巡り合ってからベルトはほぼこれのみ、黒と茶の2本を使い分けています。ただ、残念なのがこのメッシュベルト、すでに廃番なのです。現在、展開しているユニクロのベルトは大ぶりなメッシュ編みでカジュアル感が強いものが多い。ユニクロさん、この細編みのレザーベルトを復刻してくれませんかね。

【今週の掘り出し物】MBが大好きな京都のブランド

RAINMAKER「RAINMAKER/レインメーカー」のサングラス。眉毛の位置など日本人の顔の形に馴染むよくできたデザインです。最近、好んで愛用中(4万1040円)

商品、衣装/すべて私物 撮影/山田耕司(商品) 岡戸雅樹(人物)

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中

●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事