R-30

コンビニ店員がもっともイライラする客「通勤ラッシュ時に…」

 “お客様は神様”なのか——。お金を支払ってもらっている立場上、「迷惑です」とも言えない。たとえ理不尽なクレームにも言い返せないことだってある。そんな彼らの胸のうちとは……今回は、コンビニや飲食店、カラオケ店員の“迷惑客”に対する本音に迫った。

迷惑客

たとえ理不尽なクレームを受けても、店員は言い返せないことがほとんどだ。※写真はイメージです(以下同)

焼き肉屋「勝手にレバーを生で食べる客」


 高級焼肉店でアルバイトをしている吉野さん(仮名・24歳)は、焼肉屋特有の迷惑客に困っているという。

「今ってレバ刺しが出せないじゃないですか? でも、店によっては内緒で出していたり、『お客様に任せます』ってところもあるんです。私の働く焼肉屋では『レバーは絶対に焼かないとダメです』と案内しているんですが、お客様によっては『大丈夫でしょ〜』と勝手な判断でほとんど生で食べちゃうんですよ……」

 吉野さんがレバーを運んだ客席にオーナーが通りかかると、案の定、生のまま食べていたという。その結果、吉野さんは大目玉を喰らうことになる。

「私から注意を受けてないと言い張ったんです。オーナーから閉店後に説教されました(苦笑)。それに、店員が食べないようにずっと見張っていられるかといえば、現実的には難しい。特に混んでる時なんかはたくさんのお客様がいるから、1つの席に付きっきりにはなれないじゃないですか」

 先日、筆者が有名な焼肉店に行きレバーを注文すると、「隠れて生で食べたお客様にはその場で帰って頂きます」というアナウンスをされた。正直、大げさな……とも思ったが、もしも勝手に生で食べて、食中毒にでもなれば店の営業ができなくなってしまうので、店側からしたら死活問題だろう。

駅構内のコンビニ「通勤ラッシュ時のレジでモタつく人」


「主に朝の通勤ラッシュ時なんですが、お会計に時間がかかりすぎるお客様はちょっと迷惑ですね」

 こう話すのは、駅構内に設置された某コンビニで働く近藤さん(仮名・41歳)。

「もう何十人と並んでいるのに、お会計の額を言ってからずっとお財布をガチャガチャやって。例えば357円だったとして、最初400円を出そうとするんですが、小銭入れを見てたら細かいのがあるかも……と思ったのか10円1円と小分けに出していく。これでまだピッタリあればいいけど、だいたい結局足りないんですよ。あと、SuicaやPASMOなど、電子マネーで支払おうとしたらチャージが足りないとか。すごいタイムロスです」

レジ 確かに、筆者も駅構内のコンビニを利用する際は発車が迫っていることが多く、前の客がモタついているとイライラすることもある。とにかく会計をスムーズに済ませられるように努めている(つもりだ)。近藤さんは「この会計時のモタつきは売上を下げかねない」と顔をしかめる。

「特に朝は皆さん結構ギリギリにコンビニに寄ってくださるんで、あまりに時間がかかると、もう買うのをやめてしまう方も多いですね。あと、小銭を探してる人の後ろから見える他のお客様からの“早くしろ!”っていう視線がキツイですね。コッチとしても早く終わらせて欲しいんですが、『早くしろ!』とも言えませんしね」

次のページ 
居酒屋&カラオケ「泥酔客が会計にクレーム」

1
2





おすすめ記事