雑学

10万円の大人トレンチ。他のコートと一体何が違う?

5/108 タイロッケンコート(Comoli)10万5840円

― MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム) ―

ヘビーユース108

タイロッケンコート(Comoli)price:10万5840円

 風になびかせて颯爽と歩く大人のトレンチコートスタイル……誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。もちろん私もその一人、学生の頃に写真で見た、スラリとした英国紳士のトレンチコートスタイルをいつまでも忘れることができず、これまでいくつものトレンチを買い再現しようと試みてきました。

 しかし、ジャパニーズ全開の顔・体形・髪形の私が着用するとどうも「出勤時のサラリーマン」に。英国紳士のような余裕ある自然で大人っぽいスタイルにならない……トライアルアンドエラーと研究の末、私は一つの答えを見いだしました。それは「仕事っぽさ」を削ること。世のサラリーマンの出勤着だけにどうしても仕事着風に見えてしまう。そこでフォーマルなデザインやディテールを削いだアイテムを探すことにしました。

 その答えがこちら、Comoliのタイロッケンコート。もともとミリタリーに起源を持ち、その後レインコートとして愛用され、最終的にはドレス用コートまで上り詰めていく出世魚のようなトレンチコートですが、その原型がタイロッケン。シンプルでボタンレス、肩のエポレットがなく、トレンチよりもはるかにシンプルなデザインです。トレンチが仕事着風に見える大きな理由の一つはボタンです。

ヘビーユース108 2列に並んだダブルブレストは冠婚葬祭用の礼服などでも使用されるディテール。軍用に由来するトレンチがドレスウェアまで昇格できたのは、この格式と重厚感のある2列のボタンにあると私は見ています。ボタンがないタイロッケンは羽織ってみると納得、トレンチよりもフォーマルな印象がなく「仕事っぽさ」がありません。

 でも肝心のトレンチらしい大きな襟や少しゆるめの身幅、バーバリーライクなハリのある素材感は健在。このコートのおかげで、あの日、夢見た英国紳士なスタイルを再現できました。

 実はもうこれで3代目、ウールやコットンなど微妙な素材違いなどでつい買い足してしまっています。それほど本当に魅力的。値段は少し張りますが、天然素材で味わいも楽しめる。仕事風な印象もなくデニムと合わせて自然にキマる。最高のコートです。

【今週の掘り出し物】台湾で買ってきた台湾デザイナーズブランド

ヘビーユース108「DYCTEAM」のキャップ。メリハリのある面白いシルエットと機能素材が特徴。台湾ファッション侮りがたし

商品、衣装/すべて私物 撮影/山川修一(商品) 岡戸雅樹(人物)

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。年間の被服費は1000万円超! ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中
●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事