スポーツ

平成最強ピッチャーTOP5 中継ぎ1位は? 野村克也らレジェンドOBが選定

野村克也、村田兆治、福本豊etc.レジェンドOBが選定!

 平成から令和へ――改めて、平成期のプロ野球界の歴史を振り返れば、平成元年は、セ・リーグ覇者の巨人が、日本シリーズで近鉄と激突。3連敗からの4連勝で近鉄を下し日本シリーズを制した年となる。同年、近鉄のブライアントが対西武ダブルヘッダーで4打席連続本塁打を達成するなど、まさに激動の平成球史の始まりだった。 平成・令和プロ野球「ベストナイン」総選挙 平成全30シーズン中、日本プロ野球界で活躍した選手のうち、ベストプレーヤーは誰なのか? そんな無謀とも思える問いに答える新刊『平成・令和プロ野球「ベストナイン」総選挙』が刊行されている。  ID野球の生みの親・野村克也、御意見番・張本勲、平成の鉄人・金本知憲ら、球界を代表するレジェンドOB69人に緊急取材を敢行。投手3部門(先発、中継ぎ、抑え)、野手8部門(外野手は3人選出)、指名打者の計12部門で、1位5点、2位4点、3位3点、4位2点、5位1点と順位をつけてポイント化。各部門のランキングを作成し、「ベストナイン」を明らかにする、というのがその試みだ。  今回は、中継ぎ投手編・抑え投手編のベストプレーヤーを大公開。採点者たちの選定コメントと併せて見ていこう。

<平成プロ野球「ベストナイン」総選挙・中継ぎ投手編>

1位 藤川球児(’99~・阪神ほか)142点 2位 山口鉄也(’06~’18・巨人)86点 3位 浅尾拓也(’07~’18・中日)84点 4位 ジェフ・ウィリアムス(’03~’09・阪神ほか)44点 5位 岩瀬仁紀(’99~’18・中日)34点

先発=完投の価値観を根底から覆した藤川球児

 連投をこなし、ランナーがいる場面での登板も多い中継ぎ投手の存在は現代野球には欠かせない。1位は阪神の藤川球児。タイガース、勝利の方程式「JFK」の一角として、チームを2度のリーグ優勝に導いた立役者だ。 「打者がストレートを待つ、そこにストレートを投げる。投手なら誰もが憧れる存在」(川崎憲次郎) 「真っすぐだとわかっていても打てないのが藤川球児」(渡辺俊介)  など、真っ向勝負の投球スタイルが評価されたほか、「『先発=完投』の価値観を根本から変える先駆けともなった」(江本孟紀)などの意見もあった。
次のページ 
投手OBから評価が高かった山口鉄也
1
2
3
平成&令和 プロ野球ベストナイン総選挙

レジェンドOBが選定!

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事