エンタメ

真夏のアイドル頂上決戦に出演中の「全力少女R」「アキシブproject」「虹のコンキスタドール」が、それぞれの“武器”をステージで発揮! 

―[TIF2019]―
 8月2日(金)から世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019(以下、TIF)」が開催中。4日(日)までの3日間、東京お台場・青海エリアに全国からアイドルが集い、熱いステージを繰り広げている。  そんなTIFと「週刊SPA!」で2年連続となるコラボが実現。8月6号の誌面にて「真夏のアイドル頂上決戦」なる企画を行っている。TIF参加グループ6組の代表メンバー(各1名)が、誌面で水着グラビアに挑戦。読者投票で1位になった代表メンバーの所属グループが、週刊SPA!の単独表紙を飾れ、現在投票受付中だ。そんなさなか、肝心のTIFが本番を迎えた。  1日目(2日)には、フィロソフィーのダンス、ネコプラ∞、放課後プリンセスのステージを取材しレポートを掲載。2日目(3日)は、残る3組、全力少女R、アキシブproject、虹のコンキスタドールをレポートする。

全力少女R

全力少女R フジテレビ本社屋が影を落とし、比較的涼しい風が吹く午前中のDREAM STAGE。全力少女Rは同ステージの2番手として登場し、5曲を披露した。  観客によるハンドクラップが鳴るなか、7人のメンバーがビビッドな新衣装を着て順に登場。そのまま1曲目「VERSUS X」に繋げると曲が始まった瞬間、弾けるようなダンスで観客を圧倒した。これに応えるように観客のコールにも力が入り、日陰のステージがだんだん熱くなっていく。ラストのサビでは、オープニング以上のクラップが響いた。  その後も、「全力センセーション」「チャンスの神様」などほぼノンストップ魅せた彼女たち。新曲「情熱☆花火」では、タオルをブンブンと振り、初披露とは思えないほど息も高さもぴったりな特大ジャンプでボルテージを上げた。きっとこれに胸打たれたのだろう、ライブ後半には、それまで立って観ているだけだった観客も拳をあげていたのが印象深かった。 「楽しんでいきましょう!」と最後まで煽り続け、パワフルに踊り、笑顔も絶やさない。改めて言うのも恥ずかしいくらい、全力少女Rは当たり前に全力だった。「真夏のアイドル頂上決戦」取材時に、百川がグループ内の雰囲気のよさや意識の高さを語っていたが、その言葉をステージパフォーマンスで証明してみせた。

アキシブproject

アキシブproject メンバーが大きく入れ替わり、新体制となったアキシブproject。てっぺんで太陽が輝く昼間のSMILE GARDENにて、パフォーマンスを見せた。  アキシブprojectといえば、夏曲がライブの鉄板。このステージでも、「Hola!Hola!Summer」など、カラーの異なる夏曲ほか全4曲が放たれた。一発目の「Hola!Hola!~」は、イントロの「1、2、3、4!」から観客の元気な声が響き、このあとの勢いを予感させるほどだ。 「い・く・ぞ!」との大きなコールからはじまった「真夏のセレナーデ」は、サビでメンバーと観客が一緒になって手振りをしてみせ一体感が生まれた。観覧エリア後方でも手が挙がっているのを見ると、いかにこの曲が愛されているかわかる。体制が変わり、フレッシュになったメンバーたち。人数を生かし、幅や奥行きのあるパフォーマンスで観客の心を掴んでいた。ラストは力強いパフォーマンスの「アキシブway」で締め。4曲ながら確実にアガるセトリで、濃いひとときとなった。  菅野は、グループいちの高身長でモデル体型だからか、どこにいても目立っていた。さらに、率先して煽る、煽る! ドール系美人といったビジュアルの彼女が、声を張り上げるさまには思わず心を揺さぶられた。アキシブprojectは、今年も夏曲「The First Summer」をリリース(8月28日)と夏のアキシブprojectは特に目が離せない。

虹のコンキスタドール

虹のコンキスタドール 日が傾き始め、日陰だったDREAM STAGEに日がさした頃、「虹コン」こと虹のコンキスタドールが登場した。観覧エリアには溢れんばかりの人が詰めかけており、注目度の高さを感じる。  セットリストも極上だ。三角形を描くダンスがキャッチーな「トライアングル・ドリーマー」から始まり、会場のテンションを一気に最高潮へ。そのまま、「キミは無邪気な夏の女王~This Summer Girl Is an Innocent Mistress~」など、アガるしかない曲、全4曲で虹コンの渦に巻き込んだ。  この時間帯は日陰がなく、照りつける太陽だけが体力を蝕んでいく過酷なステージ環境だったが、彼女たちはそれを感じさせない。それどころか、休む暇のないアップテンポなナンバーをキュートな歌声と笑顔でやりきってみせた。観客のコールも熱に合わせてどんどん増幅していき、虹コンにしか作れない空気が生まれていた。そしてラストは、「パラドキシカル・コンプレックス」。“三角形”からはじまったステージは、逆三角形のハンドサインが象徴的な楽曲で締めくくられた。 「コンキスタドール」とは、スペイン語で「征服者」を意味するという。虹色の衣装(「キミは無邪気な〜」MV衣装)をまとった彼女たちが、確かにアイドル界を征服しはじめている――。そう感じずにはいられないほどのエネルギーに満ちていた。  ちなみに、「真夏のアイドル頂上決戦」の投票は2019年8月13日まで(当日消印有効)。8/6号のほか、グラビアページ増量版の「8/6号 臨時増刊 TIF特別号」もあり、どちらでも1冊1票投じられる。TIF2019期間中は、GREETING AREA内のSPA!ブースでも販売しておりそのまま記入・投票まで済ませることができるので、アイドル好きはぜひチェックを! 取材・文/松本まゆげ 撮影/山田耕司(本誌)
―[TIF2019]―
週刊SPA!(スパ!) TIF2019特別号

数量限定! アイドル投票券つき

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事