エンタメ

二階堂ふみに叶姉妹、福山雅治も!?「実は…BL好き」を公言している芸能人

 男性同士の恋愛を描いて話題となった『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の大ヒットや、人気漫画『LOVE STAGE!』がイケメン俳優の杉山真宏と仲田博喜のW主演で実写映画化されるなど、いまだ衰え知らずのにぎわいを魅せている“BL(ボーイズラブ)”界隈。
おっさんずラブ

※画像は、映画『劇場版 おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜』の公式サイトより

 そんなBL界隈にハマるのはなにも一般人だけではない。映画『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭の新人賞を獲った女優の二階堂ふみも、BL好きを公言している一人。ヤマシタトモコ作の『YES, IT’S ME』への深い愛を雑誌のインタビューで熱く語っていた。  今回は、そんな二階堂のように「え、この人BLいけるクチだったんだ」と驚かされる芸能人を5人厳選。その並々ならぬBLへの愛とともに解説していこう。

山本彩:お気に入りは“わんこ攻め”、中学生から敬愛してきたガチ勢

 NMB48そしてAKB48の元メンバーであり、現在はシンガーソングライターとして活躍する山本彩。最近は髪型をボーイッシュなショートヘアに変えて好評を呼んでいる彼女だが、実は昔からさまざまなメディアでその溢れるBL愛を公言していた。  今年の8月23日に放送された自身のラジオ『山本彩 カケル』のなかでも、自身のBL好きについて「私…まあもう、中学生頃でしょうか。から、ボーイズラブを深く敬愛しておりまして。敬愛ですよ、もうあれは」と、中学生以来というその長いBL遍歴について語り倒していた。  また、雑誌のインタビューでは、好きな作品として宝井理人の『テンカウント』や志水ゆきの『是-ZE-』を挙げ、“わんこ攻め(従順なキャラが攻め手にまわるもの)”や、“俺様受け(攻めに対して尊大な態度を取る受けキャラクターもの)”も好きなんだそうだ。

叶姉妹:コミケの常連と化した“ファビュラスコンビ”はBLも当然嗜まれる

 その超絶クオリティの『ジョジョの奇妙な冒険』コスプレや、“コミケファースト”の精神で礼節をしっかり重んじた参戦スタイルなどで、その“ファビュラス”なオタクっぷりを発揮しているタレントユニットの叶姉妹。彼女たちもBL好きを公言している。
この投稿をInstagramで見る

さまざまなたくさんの お悩みのコメントを 読ませていただき あらゆることにあてはまる 私のお気に入りの ファビュラスな姉の格言を ご紹介いたしますね。私達の愛する大切な皆さんが いつもピースフルな心で ありますように…。 「ピースフルな心」 どなたが、 どのような恋愛や 愛し方をするのかは、 生きる価値観と同じく 皆さん違うでしょう。 人様は人様、 自分は自分。 そして、 愛することにおいては、 アセクシュアル(無性愛) ノンセクシュアル(非性愛)や 恋愛をしないことを含めた もっとたくさんの さまざまな複雑な感覚が あると思いますが 特に 個人の人生観や 趣味嗜好の問題。 あなたの 好きな人生の時間を ぞんぶんに過ごすことに 何ひとつ 自己否定する必要はありません。 もちろん、 人様にご迷惑を かけないことが大前提ですが。 変わったこととは何か。 ノーマルとはなにか。 わたくしは、 そういうことを ジャッジすること、 されることが、 この世の中からなくなればいい と思っております。 #アセクシュアル #無性愛 #ノンセクシュアル #非性愛 #lgbtq #BL #自由 #心の聖地 #precious #gorgeous #jojo #kanosisters #heaven #fabulous #叶姉妹 #女神 #天使 #angel #amazing #88 #peace #peaceful #heavenly #ファビュラス #宇宙 #究極生命体 #至福 #愛 #幸せ #愛するあなたへ

叶姉妹 kanosistersさん(@kano_sisters007)がシェアした投稿 –

 もともとSNSやブログなどで漫画やアニメ、そしてBLへの愛を公言していた二人。2017年の7月に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でもそのBL愛を語り、姉・恭子は持ち歩いているスケッチブックに、オリジナルのBLイラストを描いていることを発表してスタジオを湧かせていた。  二人はよくInstagramで「どなたが、どのような恋愛や愛し方をするのかは、生きる価値観と同じく皆さん違うでしょう」とセクシュアリティーについて綴っており、そんな考え方に多くのBLファンが賛同。まさに自他ともに認める“BL好き”と言えるだろう。

吉木りさ:人気の元グラドルが「美しい男の子が大好き」と公表

 今年の6月に待望の男児を出産した、元グラビアアイドルの吉木りさも、テレビでBLにハマっていること公表した一人だ。  吉木は今年の2月に放送された『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)内において、夜中に自宅のソファに寝そべりながら、スマホでBLコミックを読み漁る様子を公開し、話題を呼んだ。  以前NHKの『Rの法則』でも“2.5次元ミュージカル”を特集した際、『刀剣乱舞』などへのオタク愛を披露していた吉木だが、意外にも腐女子たちの反応は手厳しい。というのも11年の『ダウンタウンDX』でダウンタウンのBL妄想を披露したのだが、これは“ナマモノ”と呼ばれるBL界でもひっそりと嗜まれるべきジャンルだったゆえに、不満を持つ人も多かったようだ。
次のページ 
イケメン俳優もBL好きを公言
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事