エンタメ

AKB48グループ内にある仁義なき戦い

 11月9日より福岡県・博多座で「AKB48グループ特別公演」と銘打ち、『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』が上演される。  それに先立ち10月24日、囲み取材と稽古場公開が行われた。この囲み取材に参加したのは岡田奈々、小栗有以、向井地美音、横山由依、斉藤真木子、須田亜香里、白間美瑠、吉田朱里、田島芽瑠、田中美久、本間日陽、瀧野由美子の12名。  報道陣から「グループ内の仁義なき戦いがあれば教えてください」という質問が飛ぶと、SKE48の須田が「お弁当を取る順番は戦いです。いまは先輩から取るっていうルールを作ってたんですけど」と話をすると、HKT48の田島は「HKTは早いもの順です。差し入れとかも早いもの順なので、小さいコたちが早くていつの間にかなくなってます」とグループ内でも食への戦いが熾烈なエピソードを話してくれた。  また、AKB48の向井地は「移動のバスのリクライニングなんですけど、横山さんがめっちゃくちゃ倒してくるんですよ。乗った瞬間倒してくるんで、後ろに座らないように気を付けてます」と暴露すると横山は「私、着いた途端に倒すんですけど、みーおんがちょっと移動してるのがいっつも見えてました」と席をめぐる戦いのエピソードを披露した。  稽古公開のなかで殺陣シーンを演じていた彼女たち。舞台ではどんな戦いを見せてくれるのか楽しみだ。 取材・文・撮影/八木康晴(本誌)
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事