恋愛・結婚

「こんな熟女キャバクラにはもう行かない」常連客たちの怒りの声

 数年前から流行りだし、いまもなお人気の絶えない熟女キャバクラ。店によって異なるが、20代後半~40代のキャバ嬢が接客し、若いキャバクラよりも面白いという声がある一方、「もう熟女キャバクラは行きたくないね」と話す男性客もいる。
熟女キャバクラ

大阪の熟女キャバクラ。接客の様子

 良い熟女キャバクラもたくさんあると思うが、行ってはいけない店とはどんな店なのだろうか? 客目線で見た「こんな熟キャバは微妙だった」という話を聞いてみた。

「お付き合いしたい」というから通ったのに…

 まず話を聞いたのは都内に住むKさん(48歳)。数ヶ月前まで、都内の熟女キャバクラでナンバーワン嬢を指名していたKさんだが、その接客態度に我慢ならなかったという。 「熟女キャバクラって人生経験豊富な美熟女が面白い話題を振ってくれたり、プロの接待をしてくれたりというイメージがあるでしょ? 銀座のクラブとまではいかないけれど、少し敷居の高いスナックのような。  でも実際は色恋のオンパレードでマトモな接客ができる子のほうが少ないんですよ。僕が指名していたナンバーワン嬢も例外ではなくて、見た目は確かに美人でしたが営業は酷いものでした。  最初は離婚などの身の上の不幸話から始まり、次に『Kさんみたいな人だったらお付き合いしたい』というのがお約束。まぁ営業とは分かっているんですが、僕もどこかでワンチャンあるんじゃないかと思って店に通ってしまったんです。でも、通っていても特に面白い話をするわけでもないし、こっちが話を振っても続かない。しまいには携帯までいじりだしたので、さすがにそれはないんじゃないかと注意したんです」
スマホを持つ

写真はイメージ(以下同)

 すると、ナンバーワン嬢の口からこんな言葉が飛び出したという。 「『Kさんは他のお客さんと違うから、ゆっくりした接客がしたいの』と言い出したんです。さらにその後も携帯をいじるのをやめないので、さすがの僕も腹が立って帰りました。その後、さすがに謝ってくるかなと思ったのですが、そんな連絡も一切なくて。そのくせ、店に行くと『好き』とか言ってくるんですよ。  でも実際は付き合うどころか身体の関係も一切ナシ。僕だけならまだ良いのですが、接待でお客さんを連れて行ったときも全然盛り上げようとしないし、さすがにもういいかなと思って通うのをやめましたね」

熟キャバ嬢の下ネタにうんざり…

 元々、水商売の経験がない女性が離婚して生活のために働くことが多い熟女キャバクラ。そのため、マトモな接客ができないキャストも多いという。中にはこんな熟女キャバ嬢もいると語るのは、大阪のIT会社に努めるMさん(42歳)だ。 「マトモな接客ができないので、とにかく下ネタだけ言ってればいいという熟女キャバ嬢は多いですね。オヤジはみんな下ネタを言えば喜ぶと勘違いしてるんですよ。  僕が会った中で1番ひどかったのはLINEで下ネタを送ってくる嬢。それも『いま、ひとりでしてる』とか、かなりリアルな内容で。これが20代のキャバ嬢なら『面白いヤツだな』と笑えるんですが、46、7歳のオバチャンですからね……。見た目はキレイなんですが、イイ大人が何してるの?と、正直ドン引きですよ。  しかもこっちは家にいて近くに奥さんもいるんですよ。時間帯的に家にいるって考えたらすぐ分かるのに、そういう常識がない熟キャバ嬢が多すぎるんですよね。一度、同伴の約束をしたら店のオープンが19時だからか『じゃあ17時に待ち合わせしよう』と言ってきたんです。その時間は普通仕事してるって分からないのか⁉ と思いましたね……」 同伴イメージ また、Mさんは同伴でこんな仕打ちをされたこともあるという。 「同伴するとポイントがついてバックが出るので、同伴をしたがる熟キャバ嬢は多いんです。ある日、同伴をした売れっ子キャバ嬢が店に着いた途端『お客さんが来るから迎えに行ってくる』と言って席を立ったんです。しばらくして客を連れて店に戻ってきたと思ったら黒服に『店前同伴で』と言ってるんですよ。僕と同伴してきてるのにですよ。店前で待ち合わせして連れてきても同伴ポイントになるので彼女はそれで何人も連れてきて、実際に同伴した僕の席は結局放置。  だから売れっ子だったというのもあるんでしょうけど、普通は同伴は1組がルールですから。それで他のキャバ嬢達が怒って何人か辞めていったそうですよ。自分の成績を上げるためなら手段は選ばない、水商売のルールが分かっていない熟女キャバ嬢は多いですね」
次のページ 
たまにいる“若い嬢”は…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事