ライフ

大阪モデルで黄色に点灯した通天閣。足元の新世界はゴーストタウン化

 新型コロナウイルスの感染者が過去最多を更新し、第二波への警戒が高まっている日本。そんな中、大阪の通天閣では独自の指標である「大阪モデル」を色で周知するライトアップを再開し、府民に警戒を求める「黄色信号」が点灯された。  およそ、2か月ぶりの黄色信号が点いた大阪の街は今、どうなっているのだろうか。現地で取材してみた。

キャバクラは暇だが、熟キャバは盛況?

 緊急事態宣言が解除された以降も、コロナ以前のような客足は戻らなかった大阪の夜。特に大阪駅を中心とするキタでは高級クラブが多く並ぶ北新地を含め閑散とした様子だった。キタのキャバクラに勤務する女性は現在の状況をこう語った。 「少し前から大阪でも感染者がふたたび増加していることを受け、客足はさらに遠のいたという印象です。お客さんからは、接待を伴う飲食や出張の禁止が会社から出たので飲みに行けないという連絡がありました。北新地のラウンジに勤めている友人からは相変わらずヒマ……と言っていて、一時はレギュラー出勤に戻ったのに今は週2に減らされたとボヤいています。週末でも1組しかお客さんが来なくて23時半には閉めることもあるといいますね。  でも、熟女キャバクラはそこまで暇という声は聞きませんね。熟キャバのお客さんって元々、独身で仕事も定年した人がほとんど。誰からも自粛を促されることがないのか、知り合いの店は常に混んでると言っていました。給付金が入ったので飲みに来た……というお爺ちゃんも多いようです」  バーでのクラスターが発生した大阪ミナミに比べると、あまり目立った感染の報道を聞かなくなった大阪キタ。キャバクラやラウンジは多いが、キャストは昼間働いている掛け持ちキャバ嬢がほとんどだ。ホストクラブも少なく夜遊びをするキャバ嬢もあまりいないので、キャバクラでのクラスターが発生する可能性は低いのかも……という見方を示す。

他に仕事がないから仕方なく…

現在の大阪ミナミ

現在の大阪ミナミ

 一方、大阪ミナミはどうなのか。今月16日より臨時検査場が設置されたミナミでは、夜の街の感染拡大が広がりつつあるという。ミナミのバーに勤務する男性スタッフはこんな不安を漏らした。 「ニュースになっていないだけで、ミナミの夜の街の感染者は確実に増えていると思います。つい最近も、近くのホストクラブで感染者が出てしまい休業になったという情報がありました。感染防止対策ができていない店も多くて、お客さんはマスクを付けているのに従業員は誰もしていないとか、飛沫防止のビニールシートはあるのにアルコールが置いていないところもありますね。うちの店でも、飲み始めるとマスクを取ってしまったり大声で話すお客さんも多いので頭を抱えています。  本当はこんな状態の中で働くのは怖いんですが、他の仕事がなかなか見つからなくて……。元々、焼肉屋に勤めていてバーはたまに出勤する掛け持ち程度だったのですが、コロナで焼肉屋をクビになったんです。シングルファザーで子供がいるので、辞めるわけにいかないんですよね。焼肉屋には10年間も勤めてきたのに、切られるときは一瞬でしたね……」
次のページ
新世界はゴーストタウン状態?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事