エンタメ

美脚YouTuber「ねこあや」は実働3日で月990万円を荒稼ぎ。広告収入の詳細を全公開

 従来にはなかった稼ぎ方で大きな利益を上げる女性たち。目まぐるしく変わり続ける世相の流れを読み切り、自らの才覚と努力で驚くほどの結果を残した彼女たちの懐事情とは? 今回はチャンネル登録数40万人のYouTuber「ねこあや」氏(25歳)に秘密を聞いてみた。
ねこあや

ねこあや氏

年収8000万円を達成! YouTuberねこあや氏

 いまや子供のなりたい職業ナンバーワンといわれるYouTuber。金銭面についてその詳細が表に出ることはないが、人気YouTuberであるねこあや氏は次のようにその実態を詳(つまび)らかにする。 「YouTubeの広告案件は、だいたい1本につき登録者数×3円が相場。登録者数10万人なら1本の広告案件が30万円くらいになるので、飯を食っていけるひとつの目安。  ただ、自分がいいと思った動画が伸びなかったり、クソ動画だと思って出したものが人気が出たりと、どれがバズるかは全然わからない。動画はタダで買える宝くじのようなものって思っています。なので、とにかく出し続けることが大事ですね」
 もともとはギャル雑誌でモデルとして活躍していたねこあや氏。飾らない物言いやその美容法などで男女を問わず注目を集める。 「YouTuberになる際、最初に考えたのが『私の需要はどこにあるか』。YouTuberにはHIKAKINさんみたいなクリーンな印象の“光属性”と、ラファエルさんみたいに過激な動画で人目を惹く“闇属性”があって、当時、闇属性の女枠はほぼいなかった。  昔から言いたいことは言うし、たばこもお酒も隠さないし、性的な話もする。だったら、“闇”で自由に羽ばたこうって。私たち“闇”はマッチングアプリや美容クリニックなど“カネはあるけど出しどころがないクライアント”からがっぽりもらっています」
ねこあや

500万PVを突破した「美脚スクワット法」をはじめとした美容関連や、親友であるてんちむとの過激なコラボ動画などが特に人気を集めている

ねこあや 他人がやらないポジションを取ったことでキャラが差別化され、開始から3か月でチャンネル登録者数は10万人を突破。念願の「食えるYouTuber」の仲間入りを果たす。 「今の登録者数は40万人なので、タイアップ案件は1本あたり120万円ほど。そのほか再生数に応じて支払われる報酬や、レギンスのプロデュース業による収入もあります。  先月の稼ぎは実働3日で990万円くらいかな? めちゃくちゃコスパがいい仕事ですよね。ただ、最近は恋愛で男に振り回されまくって全然動画をアップできてない。さっさと男は整理して、もっとゴリゴリ稼ぎたいですね」  驚くべき時間単価で稼げてしまう世界が確かに存在するのだ。

<ねこあや氏の10月の給与明細>

・手取り収入 990万円 ・実働時間 24時間 ・勤務日数 3日 ・休日数 28日 ・時間単価 41万2500円/1h

<YouTuberの主な収入源>

・動画の再生回数に応じた広告収入(1Pvあたり「約0.1~0.3円」) ・広告動画のギャランティ(動画1本あたり「登録者数×3円程度」) ・商品プロデュースのインセンティブ ねこあや●ねこあや氏(25歳) ’18年よりYouTuberとして活動。初エッセイ『中3で親に捨てられて黒ギャルになりクソ金持ちの婚約者に死なれて鬱になったワイがYouTuberになって年収8000万の今だ』が11月29日に扶桑社より発売 <取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!11月26日発売号の特集「[ギラギラ女子]の(秘)給与明細」より
中3で親に捨てられて黒ギャルになりクソ金持ちの婚約者に死なれて鬱になったワイがYouTuberになって年収8000万の今だ

人の目をまったく気にせず、思ったことはなんでも発言する、自然体で刺激的。なぜか不安な気にさせる彼女の生き方は、本人いわく「身も心も露出狂」。そんなねこあやの人生は、とてもハードモードだった。


週刊SPA!12/3・10合併号(11/26発売)

表紙の人/ 岡村隆史

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事