ライフ

深夜のコンビニに駆け込んできた客たち、緊急事態かと思いきや…

 筆者は長年コンビニに勤めてきた。深夜帯は繁華街の店舗でもなければ客足は減るものだし、店員の数も少ないことが多い。だからこそ、挙動不審な客を見かければ、日中以上に緊張が走る。緊急事態はなるべく避けたい。
コンビニ

※画像はイメージです(以下同)

 今回は、そんな深夜帯のコンビニでの出来事を紹介したい。

深夜のトイレで1時間以上も客が出て来ない…

 あれは二人で夜勤に入っている時だった。店舗には客用のトイレが設置されており、深夜でも使いに来る人がいる。筆者が入ろうとすると、使用中の赤い表示だった。  しかし、これが1時間も続いてさすがにオカシイと感じた。  相棒もトイレに行きたいが行けない状態だった。もしかすると、中で寝てしまっているのか、倒れている可能性もある。嫌な予感がする。  呼びかけながらノックをするが、応答はない。  大きな声で「開けますからね」と伝えて、カギをこじ開けようと思ったが、カギの在処は店長が不在だったのでわからなかった。最終手段としては警察に連絡することだが、一刻を争う事態の可能性もある。  そこで、筆者が力任せに開けると、なんと……そこには誰もいなかった。  たまたまカギがおかしくなっていただけだったのだ。二人で顔を見合わせ、ほっと胸をなで下ろしたことは言うまでもない。

大慌ての男性、緊急事態と思いきや

コンビニ 深夜3時頃。客は誰もおらず、外には人も歩いていない。仕事をひと段落終え、店外に置いてある灰皿の前でタバコに火をつけてから10秒後、30代前後の男性が走って来る姿が視界に入ってきた。  男性はひどく慌てている。この店舗ではトイレは貸していなかったのだが、腹が痛くなったのか。あるいは、トラブルに遭って助けを求めに来たのかもしれない。この時間にいい大人が走って来るなんて、それなりの理由があるはずだった。  筆者は急いでタバコの火を消して店内に戻った。どうやらトイレではないらしい。男性は何かを取ってレジにきた。  それはハイチューだった。  人は真夜中にこれほどまでハイチューが食べたくなるものなのか……。また、深夜といえば、次のような商品を慌てて買う人も多い。
次のページ 
挙動不審のお笑い芸人たちが…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事