仕事

コロナ疑惑で“夜の行動”がバレた出張族、会社や家族に軽蔑され…

「ついにうちのビルからも“出た”らしいよ」 「ああ、上階の企業ね。エレベーターとか共有スペースの消毒は大丈夫なのかね」  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。身近でもこんな会話が珍しくなくなってきている。日ごとに増す感染者数の発表、もはや誰が感染していてもおかしくないのではないか……不安は募るばかりだ。そんななか、思わぬ形で生活が破綻寸前になってしまったという人がいる。  3月30日、小池百合子・東京都知事が「接待を伴う飲食店」に行くことを自粛するよう呼びかけたことも記憶に新しいが……。

コロナ疑惑で“夜の行動”がバレた出張族サラリーマン

乾杯

※画像はイメージです(以下同)

「油断していたといえばそうですが……正直、こんな形で“コロナの影響”が出るとは思ってもみませんでした」  都内の大手IT系企業傘下のコンサル会社に勤務する芹沢陽介さん(仮名・30代)は、月の半分以上が地方出張という多忙な日々を送っていたが、コロナショックの影響を受け、3月1週目の出張を最後に、都内の自宅でリモート勤務に入った。  そんな芹沢さんの体調に変化の兆候が出始めたのは、3月中旬頃。37度台後半の熱が5日以上続き、咳のしすぎで肺に痛みを感じるほど。当然、「コロナか……」と身震いした。 「かかりつけの病院に連絡したところ、まずは様子見、病院には来るなと言われました。保健所に電話しましたが、病院と相談を……と。たらい回しかと不安になり、念のため会社に相談しました。すると、すぐに会社の上司、そして産業医から電話がありました」(芹沢さん、以下同)  産業医とは、芹沢さんの会社に所属し、社員やスタッフの健康管理を行う医師のこと。症状が出た日から遡った芹沢さんの2週間のスケジュールについて、上司と医師は電話で1時間以上、詳しく聞き取りを行ったという。気がかりだったのは、出張先での「夜」の過ごし方だった。 「正直、“そういった店”に行った日がないわけではない……。恥ずかしかったのですが、その辺も洗いざらい話しました。こんなことになるのなら、行かなきゃよかったと後悔しました」  産業医と会社を通じて、かかりつけ医と保健所から電話がかかってきたのは翌々日のこと。個人でうったえても認められなかった「PCR検査」の実施が決まったのだという。指示された通りに、指定の医療機関へ向かうと、粘膜検体を取られた。ここでも直近2週間のスケジュールについて聞き取りが行われたという。  恥を偲び、やはりここでも「夜の行動」について詳細を述べた。陽性だったらシャレにならない、家族や子どもは大丈夫だろうか。  検査を終え、暗雲たる気持ちで帰宅すると、そこには妻と子どもの姿はなかった。自身のことを受け、近くにある妻の実家に避難したのだろうか。そう思っていたところに、妻から思いもよらないメールが届いたのだ。 スマホ「会社と産業医から、私の家での過ごし方について、妻にも電話で聞き取りが行われていたのです。私が会社に説明したスケジュールも妻は聞いたようでした。すると、私が以前妻に話していた仕事のスケジュールと辻褄が合わない日がいくつかあることが発覚したんです。とある地方都市で、私が業務外で女性と……なんていう私の会社への説明が、すべて妻の耳にも入ってしまい……。  なにもそこまですることはないじゃないか、プライバシーの侵害だと思いましたが、もう後の祭りです。妻からのメールには別居を考える、といったことが書いてありました」  なお、検査結果は「陰性」。風邪だったようで、体調も復活。コロナの不安は解消されたが、家族との関係は冷えきったままだ。自宅で一人でリモートワークに勤しむ芹沢さん。コロナの思わぬ影響なのか、たんなる身から出た錆なのか……。
次のページ
社内での二股が発覚、絶望の淵に…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事