デジタル

エアコン掃除を100円ショップグッズで簡単にする方法。写真で手順も解説

 連日暑い日が続き、街を行く人もすっかり夏の装いですね。そろそろエアコンの使用を解禁した家庭もあると思いますが、みなさんエアコンの掃除はどうしていますか?

今回掃除するのはTOSHIBAの自動掃除機能付きエアコン

 自分で掃除したり専門業者に頼んだり、なかには、エアコンがオートクリーニング機能付きだから何もしてない、なんて人もいるでしょうね。久しぶりのエアコン起動なので、簡単な掃除だけでも良いからやりたいものです。  筆者宅のエアコンは、約2年ほど掃除をしていないのでエアコンの上に埃が積もっていて、送風するとイヤなニオイがするかなり微妙な状態。もちろん送風口を覗き込むと、中のほうにカビのような黒い点々も見受けられます……。このまま今年の夏をこのエアコンで過ごすのはチョット不安です。  そこで100円ショップで購入できるグッズで、簡単にキレイにできるエアコン掃除方法を紹介しようと思います。

100円ショップで買うべき重要なグッズは2つ!

 まず、用意するものは「加圧式霧吹き」と「ポリ袋」。お手軽エアコン掃除で重要なのは、この2つです。  加圧式霧吹きは園芸コーナー、ポリ袋は掃除コーナーにあるので必ずキープしましょう。あとは自宅の掃除アイテムに合わせて、掃除機用ノズルや隙間掃除用のブラシなどを用意しましょう。

必要なものは、約1000円で揃います

 掃除用具を用意したら、いよいよ掃除に移ります。最初にするべきことは、コンセントを取り外すことです。掃除中に起動したり通電部分をうっかり触ってしまうと危険だからです。  さて、コンセントを外したらエアコンのパネルを開け、大きな埃を掃除機で吸い取りましょう。フィルターなど、外せるものはすべて取り外して個別に掃除するとさらにキレイになりますよ。  大きな埃を大まかに掃除機で吸い込んだら、次は本体掃除です。  まずはエアコンのメイン基板がある箇所を、丹念に防水テープ(なければビニールテープやビニール袋など)でしっかりと保護します。次にポリ袋で排水受けを設置して床に水が飛び散らないようにしましょう。

水洗いの準備をしっかりと行うとキレイに掃除できる

 防水処理をしっかりと施したらペットボトルに装着した加圧式霧吹きの出番です。ペットボトルは圧力に耐えられる炭酸用を利用しましょう。また使う洗浄液は、エアコンの汚れ具合に合わせて調整します。業務用クリーナーは手に入りにくいので、洗剤を薄めた水や重曹水などを利用すると良いでしょう。

1~1.5Lのペットボトルが最適。圧力をかけるので、必ず炭酸用のボトルを使おう

 最初にラジエータ(熱交換器)部分を満遍なく洗い流し、隙間に入り込んだ汚れを一気に洗い流します。このラジエータ部分の後ろにはシロッコファンと呼ばれる送風用のファンがあります。ファンにもたっぷりと洗浄液をかけ、すき間ブラシなどでしっかりと掃除します。  最初のうちは延々と汚い水が流れ落ちてきていつ終わるんだろう……と思うかもしれませんが、根気よく掃除することで、やがてキレイな水が出てくるようになります。 流れ出る水がキレイになってきたら掃除は完了です。

とにかくキレイな水が出るまで、ひたすら掃除しよう

次のページ
エアコン本体だけの掃除ではダメ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事