デジタル

ポケモンは「捕る」から「撮る」へ!『ポケモンスナップ』新作登場

ゲームコラムニスト・卯月鮎

卯月鮎

 6月17日に行われた「ポケモン新作発表会」で、新作タイトルとしてお披露目された『New ポケモンスナップ』。発表時は“ポケモンスナップ”がTwitterでトレンド入りし、かなりの盛り上がりを見せていました。  当時『ポケモンスナップ』にハマって、イヤイヤボールやリンゴをそこらじゅうに投げてはシャッターを切りまくっていた私にとって、今回のアナウンスはまさにカビゴンにとってのポケモンの笛! 踊り出したくなる心境になりました。

開発が発表された『New ポケモンスナップ』公式サイト

 もともと『ポケモンスナップ』は、1999年にNINTENDO64で発売されたカメラアクション。プレイヤーはポケモンカメラマンとなって、野生のポケモンが住む島「ポケモンアイランド」で、「ゼロワン号」に乗り込んでポケモンを撮影していきます。  のびのびと動き回るポケモンを見ているだけでも楽しく、ゲーム初心者でも入り込みやすい内容。あちこちに隠れたポケモンを探し出す攻略要素もありました。

当時のNINTENDO64『ポケモンスナップ』公式サイト

 撮影した写真はオーキド博士が採点してくれ、ポケモンが大きく映っていたり、特別なポーズだったりすると高得点。また、カセットをローソンに持っていくと撮影した写真をプリクラ風シールとしてプリントできる機能も好評でした。  この『ポケモンスナップ』は、元任天堂社長で当時HAL研究所社長だった岩田聡さんの「ポケモンの写真を撮影するゲーム」という案をもとに、宮本茂さんがシステムの構造を固めたのだとか。ポケモンを「捕る」のではなく「撮る」というアイデアがさすがです。  リンゴを投げると嬉しそうに食べるヒトカゲ、遠くのシルエットを撮影すると少しずつ近づいてくるラプラス、イヤイヤボールを投げると次々に跳ねてギャラドスに進化するコイキングなど、ポケモンの動きや仕掛けにこだわりが見られ、何度プレイしても新しい発見がありました。

NINTENDO64『ポケモンスナップ』。ポケモンのさまざまな表情が写真に撮れた

次のページ
『New ポケモンスナップ』の内容は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事