お金

九州でパチンコを打つなら福岡が熱いワケ

 こんにちは。パチンコライターのセールス森田です。全国を旅打ちしたパチンカーから、「パチンコは福岡が勝ちやすい」という話を聞いたことがあります。また別の人からも「メシも旨くてパチンコも勝てるから、パチプロからすると福岡は天国だ」という話も。果たしてそれは事実なのでしょうか。そこで今回は旅好きパチンコライターのセールス森田が、11月の下旬から約2週間九州地方にGo Toして、パチンコ店の状況を調査してきました。併せて旅打ちのコツも含めてご紹介したいと思います。
fukuoka

食べ物の酒も旨く、そして夜遊びスポットも多い博多。ボートレース福岡は繁華街からも近く、ギャンブル好きにはたまらない街である

地元のパチプロをフォローして旅先で優良店を見抜く

 まずは旅打ちに行く際のホール選びから。もちろんネット検索が楽な方法ですが、例えば「福岡 パチンコ ○のつく日」と調べた場合、相当数の店舗がヒットします。その中から一番の大型店に行くのが無難ですが、そこで失敗してしまうとその日が無駄になってしまう可能性もあるので、このやり方、じつはあまりオススメできません。  ではどのように優良店を見抜けばいいのでしょうか。一番手っ取り早い方法があります。それは現地にいるパチプロのSNSをチェックすることです。SNS発信をするプロがどの地域にもいるわけではないですが、例えば今回行った福岡の場合、「明日は○○のホールに行く」などと発信しているプロが複数人いました。もちろん具体的なホール名は出してないですが「○○さん来店のホール」などと発信していた場合、調べれば一発で見つかります。今回もそういった人のSNSを見てホールに行きましたが、ハズレはありませんでした。短期決戦の場合、ホール選びは他力本願が一番正解に近付けると思います。

台選びの基本は「メイン機種」

 台に関しては、長時間実践する場合、そのホールのメインとなっている機種を打つのが無難です。今回の旅打ちにおいては、上記の方法で選んだホールでメインとなっていた北斗無双を実践したところ、千円で21回の台を長時間打つことができました。  そして、遊タイムの朝一据え置き狙いについてですが、これは相当難しいです。まず据え置きしているかどうかはデータを見て判別できたとして、どのくらいライバルがいるのかは行ってみないとわかりません。また、データで台番号を見ただけでは、どのあたりにその台が設置されているのかわからないので、もたもたしていると常連のライバルに先を越されてしまいます。  前日にホールの下見ができるなら狙うのもありですが、基本的には優良店を探してメイン機種を打つ方が勝率は高いでしょう。もちろん旅先なので、サクッと勝って観光に行きたい場合は遊タイム狙いをオススメします。
次のページ
福岡の中でも博多の熱さは別格!
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事