マネー

ド底辺キャバ嬢 旅打ちで気分はさすらいのギャンブラーになる

ド底辺キャバ嬢 女舟券師を目指す<9>

 ボートレース初心者で、ボートの“ボの字”も知らなかった元ド底辺キャバ嬢ことカワノアユミが舟券師になるまでの壮大な企画も気がつけば今回で第9弾。そろそろ初心者って枕詞取ってもいいかなぁ~なんて思いながら、最近も変わらず自宅でネット投票にハマっている私。相変わらず微妙~な勝ち負けを繰り返しております。

 そんな私にまたまた担当Tから突然の電話。

担当Tが裏のないこと言わないわけがない


「カワノさん、GWに向けてびわこまで遠征してきてください!」

 びわこ? びわこって滋賀のだよね? なぜびわこ? と再び担当に電話するも「最近負け続きで原稿がイマイチ面白くないのでレジャー感でも出してください」とガチャ切り! クソぅ、負け続けで悪かったな! 記事にしてないだけでプラマイゼロくらいだってば! キーーーィッ! となりながらも、ググってみると意外と「ボートレースびわこ」は私が住む尼崎から1時間半程度で行けることが判明。確かに、湖ってレジャー感あるしイイかも。バカ担当Tもたまにはイイこと言うじゃん。初めての旅打ちで、ボートレースびわこ行ってきましたよ~!

 まずは大阪駅に出て、そこからJR湖西線に乗る。ボートレースびわこのある大津京駅までは直通で40分。1本で行けるなんてラクだな~と思いながら、到着までボートレースびわこの特徴をチェック。何々、近畿地区で最もインコースの勝率が低い……? またかよ、クソ! 担当Tがイイネタを出すなんて何か裏があるに違いないと思ったけれど! これは戸田や平和島と同じパターンじゃねーか!

 怒りとともに担当Tの腕をへし折る妄想をしながら、さらに調べてみると観光船によって波やうねりが発生しやすいとも書いてあった。う~~ん、コレ素人が手出しちゃいけないレース場なんじゃない!?

 もはや付く前から白旗状態で勝てる気がしない……。そんな私の不安をヨソに電車は大津京駅に到着。ここからは無料送迎バスで向かう……のハズだったのにバスがない! なんと、レース場行きのバスは13時半が最終! 現在14時過ぎということでタクシーで向かうことに(泣)。余計な出費がいきなり発生でますます負けるわけにいかない状況に。

びわこ名物のホルモンうどん。もちろんビールによく合います! そしてついに初・ボートレースびわこに到着! さっそく中に入ってみると……おお、さすが琵琶湖というだけあってものすごく広い。すごい解放感! ちょうど次の第9レースまで時間があったのでまずは腹が減っては戦はできないので腹ごしらえ。実は今回、食べたいものがあったのです。じゃーん、2階レストラン「ボートパパ」のホルモンうどん(600円)!

 味の染みたモツがどっさり乗ってて激ウマ! お腹も満たされたとこで早速第9レースをチェックしたいところですが、今回は琵琶湖まで来たので少し奮発して指定席へ。4階指定席からの眺めがめちゃくちゃ良いという情報があったので、そこから見たいと思います!

次のページ 
ペア席にひとりで座っていざ勝負

1
2
勝SPA!





おすすめ記事