デジタル

Google全世界停止で露呈した「Google Home」の落とし穴。電気がつかない

 12月14日、突如としてGoogleの提供するサービスが停止した。これは世界的現象だったが、日本では21時を迎えようとする時刻に事態が発生。約1時間でサービスは復旧したが、実は極めて深刻な問題を人類に突きつける出来事でもあった。  GmailやYouTube、Googleドキュメント等のサービスが使えなくなったのはもちろんだが、何とGoogle Homeまでも停止してしまったのだ。これにより、部屋の家電が一切操作できなくなるという人が続出した。

すべての家電をGoogleと連携できる現代

Google Home Mini

写真は、Google Home Mini

「OK,Google」という言葉をかけると反応し、指示通りの操作を行ってくれるGoogleの音声アシスタントと、それを搭載したGoogle Home。対応デバイスや家電製品は、このアシスタントと連携して家の住人の声に従う。空調の操作、照明のON/OFF、テレビやオーディオ機器のチャンネル切り替え、ドアの錠前の開閉等。 「OK,Google。テレビをつけて」と言えば、テレビの電源がONになる。部屋中のあらゆる家電を声で操作することにより、まさに人類が長年夢見た「完全ハンズフリーの生活」が実現するのだ。  が、この夢は僅か1時間の停止で悪夢と化した。

照明すらつけられない事態に

停電

写真はイメージです(以下同)

 Twitter等のSNSでも、12月14日にGoogle Homeの機能が使えなくなったという報告が多数上がっている。  Google Home以外に家電を操作する手段を省いてしまったため、部屋の照明すらONにできない、或いは寒い夜中に暖房すらつけられないという内容だ。そう、北半球に位置する日本の12月は寒い。南半球の国ならまだ我慢だけで済むかもしれないが、ヒトは寒さに対して極めて脆弱である。  暖房もない、すっかり冷め切った部屋で1時間。実はこれだけならまだ運が良いほうで、もしも玄関のドアにGoogle Home対応のスマートロックを設置していた場合、自宅から締め出されてしまう可能性もある。
次のページ
「オールGoogle化」の落とし穴
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事