デジタル

異なる動画サービスをリモコンで管理!動画三昧にピッタリの新型「Chromecast」

 2020年11月25日、新しい「Chromecast」が発売された。「Chromecast」とはGoogle製のメディアストリーミングデバイスのことで、今回お目見えした「Chromecast with Google TV」で4世代目となる。Google Storeで販売されており、価格は7600円。
Chromecast

「Chromecast with Google TV」には本体と電源ケーブル、リモコンが同梱されている

1つのリモコンであれこれできてこれは便利!

 HDMIに直接属する本体と、給電のためのUSB-Cケーブル、リモコンが付属する。従来は、スマホで操作していたのだが、リモコンで操作できるようになったのはありがたい。リモコンは軽く、シンプルなので迷わずに使えそう。メインボタンに「YouTube」と「Netflix」が用意されているのが新鮮だ。
Chromecast

電源はUSB-C

Chromecast

軽く使いやすいリモコン。音量は右側面にある

 電源ケーブルを繋ぐと起動するので、画面の指示に従ってセットアップする。とは言え、実際はスマホに「Google Home」アプリをインストールし、アプリ上の設定がメインとなる。  設定の途中で利用するテレビのメーカーを選択する画面が開く。電源や音量ボタンの操作を設定し、同じリモコンで操作できるようになる。
Chromecast

テレビのHDMIに差し込んで電源ケーブルをつなぐと、セットアップが始まる

Chromecast

「Google home」アプリを起動し、画面に表示されるQRコードを読み込んで設定を進める

Chromecast

利用しているサービスを選択する

 設定が完了すると、ホーム画面が開く。これは、Google TVと呼ぶインターフェースで、さまざまなコンテンツが表示される。面白いのが、YouTubeだけでなく、NetflixやAmazon Prime Videoなど複数のサービスが混在して表示されているところ。これはユーザーとしてはとても便利。  筆者は、NetflixとAmazon Prime Video、Hulu、YouTube、dアニメストアを有料契約しているが、毎日何を観るかそれぞれのアプリを起動してザッピングしている。この手間がなくなるのはとてもありがたい。
Chromecast

「Chromecast」のホーム画面

 リモコンに用意されている「YouTube」と「Netflix」を一発で開けるのも便利。特に最近は「YouTube」を観る時間が増えているので、アプリを開く手間が省ける。
Chromecast

リモコンの「YouTube」ボタン一発でYouTubeを開ける

細かい設定はGoogleアシスタントボタンで!

 リモコンの右上にあるGoogleアシスタントボタンを押しながら話しかけると検索できる。使い勝手がよく、観たい動画を探すのに便利だ。  映画やドラマなどを検索する場合、「観る方法は○通り」というボタンが現れる。選択すると、契約済みサービスは「今すぐ見る」、未契約サービスは「登録」と表示される。  できれば、オープニングをスキップできるサービスで視聴したいので、サービスを選べるのはありがたい。
Chromecast

Googleアシスタントボタンを押しながら話しかけるだけで検索できる

Chromecast

検索結果が複数のサービスで提供されている場合は「観る方法は○通り」と表示される

Chromecast

再生するサービスが選べるのは便利だ

次のページ
軽快な動作と使い勝手がいいリモコンでTV感覚で使えるのが◎
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事