仕事

早稲田大卒も年収0円の47歳「筆記1位で入社したのに心の病気に」

輝かしい未来を見据えて猛勉強。努力が実って難関大学に入学、卒業し“高学歴”という肩書を得たにもかかわらず低収入に陥っている人がいる。彼らはなぜエリート街道から外れてしまったのか。早稲田大学卒も、現在の年収0円なったの男性を取材。言うに言えぬ低収入の理由とその背景に迫る!
高学歴貧困の末路

都築 亮さん(仮名)47歳 早稲田大卒

頭脳と要領の良さが仇に!? 超体育会系上司からパワハラ

 人懐こい笑顔で「最小の努力で最大の効果を得るのがモットー」と語るのは、現在無職の都築亮さん(仮名・47歳)。幼少時から物覚えが良く、さしたる努力もせず早稲田大学の付属高校に合格し、そのまま難関の同大政治経済学部政治学科に入学した。 「高校入学時点で早大卒の学歴は確定。良い会社に入って幸せな人生を送るに違いないと思ってました。学びたいことや将来やりたいこともなく、とにかく『楽して稼いで生きていけたら』という感覚だけがありましたね」  ちょうど就職氷河期世代だが、大手企業4社から内定をゲット。最も高給の金融系企業に入社したのだから、要領の良さは超一流だ。 高学歴貧困の末路「でも入社するや、『入社試験の筆記1位だから期待しているよ』と自分を買ってくれていた上司が突然交代し、某六大学のアメフト部出身のゴリゴリのパワハラ体育会系の上司に。なぜか目の敵にされて1年目で会社員に向いていないと考えるようになりました」

中3から心の成長が止まっている

 かくして心の病気を発症し、数度の休職と復職を経て退社。30代で結婚した妻と二人で化粧品販売会社を立ち上げたり、FXなどで生計を立てようとしたりしたが失敗。妻は派遣社員として勤めに出るが、本人は心の病が再発、3匹の猫とともに自宅を守る日々だ。 「躁うつ状態だった私と結婚する際に、『私が食べさせてあげるから』と言ってくれた妻と一緒にいられることが幸せです。大学の同級生は別の世界の人という感覚ですが、彼らに会う機会があれば、妻の働き口を紹介してもらおうかな……」  自嘲気味に「現在の生活は老後に近い」「中3から心の成長が止まっている」と笑う都築さんだった。 <取材・文/山田剛志(清談社)>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事