ライフ

ド底辺キャバ嬢 5000円を握りしめて競輪場デビューを果たす

初の競輪場は奈良!

カワノアユミ

いい天気だが、車券は当たらない……

「カワノさん、自転車乗ります?」  昨年秋。そんな担当編集のフザけた一言から始まった、競輪ド初心者の元ド底辺キャバ嬢ことカワノアユミが競輪の女車券師になるまでの新たな企画……、今回で3回目を迎えました! 最近、ボートばかり買っていたカワノ。競輪企画が始まったことを忘れていたわけではないのよ……。とはいえ、こんなご時世でレース場にも行けやしないし……とブツブツ文句を言っていると……。 「カワノさん、ボートでどうせ勝てないんだからたまには足を使って稼いできてください!」  で、出た~、宿敵、担当編集T! ってか、ボートで勝てないのはアンタも一緒じゃないのよぉ! しかも、足を使って稼げってどういうことよ? 「それを調べるのが仕事でしょ! まったく、こっちは昨日オートでいくら負けたと思ってんだ……」  よく分からないことをブツブツ言いながら、まやもやガチャ切り! クソ~、東京の緊急事態宣言が解除されたら覚えてろよ……。しかも、足で稼ぐと言われても競輪場も今は無観客開催なんじゃないの~? そう思い、調べてみると……、なんと、カワノが住む関西圏でおそらく最も近い奈良競輪場が入場制限をして開催しているではないか! ほう……、密にならないのなら遊びに行ってみようかな。こうして、連載3回目にしてようやく競輪場デビューをすることになったのであります。  地元・尼崎から電車で1時間半弱、奈良県の大和西大寺駅に到着。およそ10年前、奈良県在住の男と遠距離恋愛をしていたことをふと思い出したことはさておき、やってきました奈良競輪場! しかし、競輪場って外からだとめちゃくちゃ静かなんですねぇ。一瞬、開催していないのかと思っちゃいましたよ。そして、レース場に到着してから財布の中に5000円しかないと気付いて滝汗。一体、どうなってしまうのか……。

予想に反して落ち着いた場内

奈良競輪

おでんとビール。最高の組み合わせだが、車券が当たらないとどうにも味気がないもんです

 さっそく、中に入ってみると……おお、心なしかお客さんも大人しそう。この日開催されていたのはFⅡ「オッズパーク杯」最終日。まずはどんな感じなのか生のレースを観戦。うーん、やっぱりボートのようにモーター音がしないから、静かなる戦いって感じだわ。でも、生のレースはやっぱり迫力が違いますね! しかし、競輪のコースってかなり急斜面なんだな……。そしてレース中も、住之江や尼崎のように怒号(?)もなく感動!  生レースを堪能したところで、さっそくレースを予想。まずは第7レースのスタート展示。(脚見せというらしいです……)。う~ん、ボートの展示もいまいち理解してないのに分かるわけないよね! ここはオッズを見て人気の車番を買ってみることに。競輪はまだ初心者なので連複でしか買ったことがないのですが、ここは思い切って3連単で買っちゃう。こうして出した予想がこちら! 3連単 1-3-2、1-2-3、1-2-4、3-1-2 各200円 3連単 1-3-4 100円  レーススタート! 3号車と1号車が先頭でイイ感じ!。しかし、中盤で7号車が一気にまくってくる! 先頭は7-3-6に! 本命の1号車と2号車は後方に……がんばれー! しかし、打鐘とともに1号車が仕掛ける! いいぞ‼ しかし、1号車は3位にはギリギリで入れず、上位体勢3-7-6のままゴールしたのでありました……。3連単の払戻金は29100円……当てられるか、こんなモン‼
次のページ
お金がドンドン溶けてゆく……
1
2
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事