ゆとり社員の主張は受け止める“フリ”が大事

ゆとりーまん最新トラブルシューティング6か条

ゆとりーまんが部下になったら、自分の仕事にも悪影響が及ぶこと必至。
それを肝に銘じて、職場で”やらかす”であろうトラブル別に、彼らを手なずける懐柔策を一挙公開する

【その3】
「これ、効率悪くないすか?」。作業の遅れを指摘したら逆ギレ
⇒とりあえず主張を受け止めてやる(フリ)を

 さまざまなジャンルでツールが発達した便利な世の中に育ったこともあり、”効率的で合理的であることが絶対である”という価値観を持つ彼ら。情報量だけは豊富で、根拠のない自信が先行しているせいか、仕事の遅れを周囲のせいにして「これじゃあ、効率が悪いっすよ!」と”効率”を引き合いに出して逆ギレすることも。キレたいのはこっちのほうだ!という怒りは当然だが……。

「そこはグッと我慢をして、『じゃあ、自分が効率がいいと思うやり方でやってみようか?』と本人にやらせてみることも大事です」(浅野氏)

「黙って仕事しろ!」と感情的に発言してしまうと、「この職場には自分がいる意味がない」とまで一気に突っ走るらしいので注意が必要だ。

 思うままにやらせてみた結果、失敗したときのフォローは、次ページを参照のこと(あぁ、手間がかかる!)。

― とりあえず「コレ言っとけ」! ―
じゃあ、一度思うままにやってみる?
とりあえず主張は聞く。ただし「その言い方は考えたほうがいい」の一言も忘れずに

― 難敵[ゆとりーまん]懐柔マニュアル【6】 ―




おすすめ記事