エンタメ

長澤まさみら輩出の「東宝シンデレラ」出身。福本莉子が見た名優たちの楽屋裏

沢口靖子、長澤まさみらを輩出した「東宝シンデレラ」オーディション。その歴史ある登竜門でグランプリに輝き、昨年からJR東日本の広告にも出演しているのが福本莉子だ。初の単独主演映画も公開目前で、勢いに乗る20歳の新星。ガラスの靴を履いた彼女が、人気女優への階段を駆け上がる! 福本莉子

新時代のシンデレラ

 第8回「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリに輝き、’18年にミュージカル『魔女の宅急便』で初舞台にして初主演。現在、放送中のドラマ『華麗なる一族』(WOWOW)では、主演・中井貴一をはじめ超豪華キャストが集結するなか、最年少キャストとして奮闘しているのが20歳の福本莉子だ。 「私が応募した前回のオーディションでは、グランプリ受賞者だけでなく推薦者にも賞金が贈られることになっていたので、幼馴染みが『応募しよう!』と盛り上がってしまったんです(笑)。でも、まだ高校1年生だったので、卒業するまでは地元の大阪から東京に通うことになりました」

素敵な先輩たちばかりで、日々勉強です

福本莉子

20歳になった彼女が今、一番興味があることは「茶道」とのこと。「品のある女性らしい所作など日本の美意識が詰まっていて、学んでお芝居に生かしていきたいです」

 卒業後に上京し、女優業を本格化。早くも名優と共演を果たした。 「『華麗なる一族』の現場は、錚々たる方ばかりで、いつも緊張しています。そんななか、中井貴一さんは楽屋ではすごくユーモアを振りまいてくれて、助けてもらっています」  5月14日に公開される初の単独主演映画『しあわせのマスカット』でも、名優・竹中直人と共演。 「竹中さんもオンとオフの切り替えが素晴らしかったです。カメラが回るとバチッとスイッチが入る様子に見とれてしまうくらい。(共演する)本仮屋ユイカさんはお姉さんのような存在で、お土産を買ってきてくれたり、撮影後にハグしてくれたり、妹みたいに可愛がってもらいました」  石田ゆり子や片桐はいりといった先輩女優のエッセイを読むのが好きという彼女。名優たちの手に導かれて、新時代のシンデレラが人気女優へと今、駆け上がっていく! 福本莉子【福本莉子】 ’00年、大阪府出身。’16年に第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリ。’18年、ミュージカル『魔女の宅急便』主演。’20年、映画『思い、思われ、ふり、ふられ』に主演(浜辺美波、北村匠海、赤楚衛二と4人主演)。14日(金)より初の単独主演映画『しあわせのマスカット』(監督・吉田秋生)が全国公開される 撮影/髙橋慶佑 スタイリング/武久真理江 ヘアメイク/山田佳苗(Allure) 取材・文/宮下浩純(本誌) 衣装協力/yee(杉崎製作所) merry jenny(MARK STYLER) ※週刊SPA!5月11日発売号より
週刊SPA!5/18号(5/11発売)

表紙の人/ 白間美瑠(NMB48)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事