お金

仮想通貨マニア必見!賢者が推す「海外取引所」の超有望コインとは

ビットコイン(BTC)価格は4月に一時700万円にタッチ、4年ぶりに仮想通貨投資が過熱している。今後、仮想通貨はどうなるのか。’13年から仮想通貨投資をしている古参投資家の502大佐氏、仮想通貨に関する著書を持つポイン氏、さらに個人投資家のひろぴー氏という“3人の賢者”に話を聞いた。

マニア必見!「海外取引所」の超有望コイン

[総力大特集]儲かる仮想通貨

※イメージです

「アルトコイン投資をさらに極めるなら、日本未上場のコインに着目してください」  そう指摘するのは502大佐氏だ。背景にあるのは日本の規制だ。 「日本では金融庁の規制が厳しく、新しいアルトコインの上場に時間がかかる。アルトは新たに売り出されるとまず中堅の取引所に上場し、次いでバイナンスやコインベースなどの大手取引所へ上がり、最後に日本へ上場するという流れになっています。つまり日本で上場する頃には、世界の人があらかた購入済みなんです」  取引所へ上場するごとに注目度は高まるから、有望なアルトほど値上がりし、日本に上場する頃には割高な可能性も高い。ある意味、日本での上場で天井をつける=利益確定のシグナルともなる。

現段階で有望視されるアルトコインは?

 その前に、海外取引所で買っておきたいところだが、現段階で有望視されるアルトコインはどれか。 「ファイルコイン(FIL)ですね。FILは『分散型ファイル共有システム』という、データをネットワーク上に分散管理する技術です。そのネットワーク内で使われるのが、同名のFILという仮想通貨。今のデータ管理はグーグルドライブなど特定のクラウド・サーバーに依存しがちですが、それをネットワーク上で分散管理して、データ改ざんリスクを極限まで減らすための技術なんです。  むしろ理論的には改ざんが不可能になりますし、この技術を使えば企業の膨大な個人情報を安全に管理できたり、AIビッグデータを改ざんされるリスクも大幅に減らせたりします。中国ではすでにFILがポルカドット(DOT)と人気を二分しています」(ひろぴー氏)  FILは価格面でも有望だとか。 「コインベースやバイナンスへは上場していますが、日本ではまだどこも扱っていない。時価総額は約5800億円(25位)とそこそこの大きさがあり、世界有数の仮想通貨投資信託運用会社『グレースケール』が3月にファイルコインのファンドも組成しています。流動性や信頼性もあり、今後は日本上場も期待できそうです」(同)
次のページ
注目の草コイン
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事