お金

今さら聞けない仮想通貨「DeFi投資」って何? プロの投資家が解説

[総力大特集]儲かる仮想通貨

今さら聞けない「DeFi投資」って何だ!?

 仮想通貨市場には、ビットコイン価格が爆上げする前から盛り上がりを見せていたジャンルがある。それがDeFi(ディーファイ)だ。  DeFiとは「Decentralized Finance(分散型金融)」の略で、ブロックチェーン技術を活用して従来の取引所や銀行などに頼らない新しい金融サービスを目指しているのが特徴だ。’18年からさまざまな関連サービス・アプリケーションが立ち上がり、それらをまとめてDeFiと呼ぶようになっている。  現在、ネット上には無数のDeFi系サービスが乱立しているが、代表的な種類だとDEX(分散型取引所)やレンディングサービスがある。そして、主にこの2つを使って儲けるのが、「DeFi投資」のやり方だ。 [総力大特集]儲かる仮想通貨

なぜ人気に?

 DeFi投資は去年から異様な盛り上がりを見せ始め、参入する投資家が殺到して「DeFiバブル」と呼ばれる状況を生み出した。では、なぜここまで人気なのか。DeFiをはじめブロックチェーン技術全般に詳しい、投資家のカナゴールド氏が解説する。 「一言で表すと、DeFiによって従来の仮想通貨投資ではできなかった『利息を受け取れる投資方法』が可能になったからです。DeFi投資では、DEXやレンディングサービスに手持ちの仮想通貨を預けることで、預けたコインの種類や額に応じた利息が受け取れます。  なので『仮想通貨を長くホールドするならDeFi投資で利息を得よう』と、多くの投資家がDEXやレンディングサービスを使うようになったのです」  イメージとしては、銀行預金のようなものだ。銀行預金ではお金を預けた期間に応じて、利息付きで戻ってくる。  同じようにDeFiでは仮想通貨を預けて仮想通貨で利息を受け取れるのだが、銀行預金と違うのは利息の大きさ。銀行に1年間100万円を預金しても数円の利息にしかならないが、DeFiでは利率が数十~数百%もあり、ただ預けておくだけで資産を倍以上にするのも夢じゃない。
次のページ
人気を高めたガバナンストークンという“錬金術”
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事