お金

ビットコインバブルはこれから?専門家が「高値2000万円」を予想する根拠とは

4年ぶりに仮想通貨投資が過熱している。4月に一時700万円にタッチしたBTC価格は、今後どうなるのか。ビットコインの専門家たちに話を聞いた。

大予測!BTC『年内1000万円』説の根拠

仮想通貨

写真はイメージです

「’21年後半に向けて、ビットコイン(BTC)は再び大きく上がるとみています。目標価格は控えめに考えて1BTC=800万円。強気なら1000万円がメドです」  そう力強く言い切るのは「FXcoin」のシニアストラテジスト、松田康生氏だ。昨年後半から急騰したBTCは4月に史上最高値707万円をつけてから急落し、6月14日現在は400万円台半ばをさまよっている。しかし、松田氏は「まだ上がる」と強気だ。 「5月の急落は、テスラがBTC決済を中止したりしたことが一因でした。ただ、これは市場の過剰反応でしょう。CEOのイーロン・マスクも、BTCを売らない方針を明らかにしています」

ビットコインETFの動向が行方を左右する?

 また、今回の仮想通貨バブルの場合、4年前とは投資する“プレーヤー”の性質が違うという。 「4年前のバブルは個人マネーが中心でしたが、今回は世界の富裕層や巨大企業の資金が動いています。今年に入り、スイスのUBS銀行など大手金融機関がBTC商品を提供するとの報道も相次ぎました。  UBS銀行は世界中の富裕層に愛用される銀行。彼らが無視できないほど、富裕層の仮想通貨投資意欲が高まっている証拠です」  そんなBTC価格の行方を左右しそうなのが、アメリカで進んでいるビットコインETFの動向だ。 「現在、アメリカでは6つの企業がビットコインETFを申請中で、米証券取引委員会(SEC)が審査を進めています。これが承認されれば、機関投資家から莫大な資金が流入することになる。  これまでもETF承認の噂はありましたが、今年こそは通るとみています。なぜなら、先例となる金ETFではアメリカより先にカナダが承認しました。同じように、今年ビットコインETFがカナダで承認され、いよいよ舞台が整いつつある」
次のページ
「高値2000万円」の予想も
1
2
週刊SPA!6/22号(6/15発売)

表紙の人/ アンジュルム

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事