エンタメ

NGT48・中井りかが追い求める理想のアイドル

 今月23日に6thシングルとなる『Awesome』をリリースしたNGT48。そんな今作のカップリングのなかで話題を集めているのが、1期生の中井りかがプロデューサーとして携わった新ユニット『Cloudy Cloudy』だ。  最近では、自腹の100万円でアパレルプロジェクトを立ち上げ、自身のYouTubeチャンネルをスタートさせるなど、プロデュース業にも積極的。これまでNGT48の顔として、何かと注目を浴び続けてきた彼女が新たな挑戦に乗り出した理由、6周年を迎えるグループに対しての思いとは?
NGT48・中井りか

Cloudy Cloudy

憂鬱な気分になっている人たちを元気づけたい

――今回、約1年ぶりとなる新曲ですね。 中井りか(以下、中井)『Awesome』はNGT48の歴代シングルのなかでは初めてだと思うぐらいノリノリで、カッコイイ曲。今回は新潟でおこなわれるダンスの祭典「にいがた総おどり」とのタイアップで、私たちと一緒に踊れるようなダンスナンバーです。  ミュージックビデオは高校のダンス部がテーマ。撮影に協力していただいた新発田中央高等学校の制服をメンバーが実際に着ているんです。CRE8BOYさんと、にいがた総おどりの振付師の方との合作ダンスにも注目してください。 ――そして、カップングではユニットのプロデュースにも初挑戦。どういう経緯で?   中井 もともとアイドルになることを最終目標でやってきたから、その次の夢が見つからなかったんです。そんななかコロナ禍で「メンバーに私の作った衣装を着て踊ってほしい」という夢が芽生えてきて、それを運営に相談させてもらっているなかで、「やってみたら」という言葉をもらってやらせていただくことになりました。  あまり時間はなかったですけど、MVの打合せ段階から参加して意見も出させてもらったり、衣装さんに私の理想を形にしてもらえました。今回の楽曲衣装で看護服をモチーフにしたのは、コロナで頑張ってくれている医療従事者の方々への思いと、私たちはアイドルとして歌とダンスで憂鬱な気分になっている人たちを元気づけたいという思い。だから可愛いナース服だけど、ちゃんとアイドル要素も入れながら完成させました。

「歌詞にはすべて共感」

NGT48・中井りか

中井りか

――ユニット名に込めた思いもありますか。 中井 やっぱり女の子って、守ってあげたくなるような子が可愛いじゃないですか。アイドルもそういうイメージなのかなと。今回のユニットには「私が培ってきた可愛いを具現化したい」という気持ちがあって、雲のように掴みどころのない儚げな女の子という意味で『Cloudy Cloudy』です。略して「くらくら」って呼んでもらうのも可愛いですし。 ――デビュー曲『はっきり言って欲しい』を聞いたときの感想は? 中井 曲調でリクエストしていたのは、「イントロが長くて、これから劇場公演やライブで掛け声が出せるようになったときにミックスが打てるもの」ということと、「トライアングルや木琴の高い音とベースの低めの音が重なっている感じの曲」っていうアバウトなリクエストだったんですけど、素敵な曲があがってきました!  特に歌詞はすべて共感です。お互いの気持ちはわかってるけど、ちゃんと告白しない男の子。「友達でいるほうがいいのかな」って聞いてもはっきり答えを言わないくせに、2番の歌詞ではみんなの前で急に「好きなんだ、こいつのこと」とか言って。でも、また二人きりになると「ちゃんと好きって言ってくれないじゃん!」みたいな。そういう男子がいたらやきもきした気持ちは分かるので、私は中途半端があり得ない性格だから、「はっきり言ってよ!」って序盤で言いたくなる(笑)  それから秋元さんの歌詞はだいたい「僕」が主体で書かれているんですけど、この曲は女の子目線で書いてくださっていて、こういう気持ちに共感してくれる女の子が増えてくれたら嬉しいな。「好き」って言えるのは幸せことだから、夏の恋ソングとして誰かの背中を押せたら嬉しいですね。
次のページ
3人を選んだ理由は?
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事