ニュース

菅内閣の実績は安倍内閣の8年間を上回る。なぜ嫌われた?/倉山満

菅首相が嫌われる理由の第二は、疫病神を切れなかったこと

 そして、もう一つは言うまでもない。今は他のすべての政策に、コロナが優先する。分科会会長尾身茂、日本医師会会長中川俊男、東京都医師会会長尾﨑治夫、この如き疫病神を切れなかった時点で、命脈は決まっていたのかもしれない。ならば、新総理のやることは決まっている。尾身、中川、尾﨑、ついでに西浦の如きヤブ医者を社会の中枢から追放せよ!  ヤブ医者とは何か。患者を意味も無く怖がらせる医者のことだ。名医は、安心を与えると同時に患者を油断させないものだが、似てもいないし非なる存在だ。

仮説から始まったコロナ禍の経済自粛

 何度でも言う。そもそも、このコロナ禍の経済自粛は、西浦博(当時北大教授)が「何もしないと42万人死ぬ」などと、いかがわしい計算式を持ち出したところから始まった。新コロがペストやエボラのように危険な伝染病かも、との仮説からだ。その検証から始めねば、どんな総理大臣だって、短命に終わるのは火を見るより明らかだ。  ロベスピエールの最期は断頭台だったが、尾身先生は如何に?’73年、香川県生まれ。中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤職員を務め、’15年まで日本国憲法を教える。ネット放送局「チャンネルくらら」などを主宰し、「倉山塾」では塾長として、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交についてなど幅広く学びの場を提供している。著書にベストセラーになった『嘘だらけシリーズ』のほか、9月29日に『嘘だらけの池田勇人』を発売

嘘だらけの池田勇人

知られざる戦後最高の宰相、池田勇人の物語
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠