スポーツ

田尾安志、最後まで埋まらなかった三木谷オーナーとの溝「口を出すなら直接言ってほしかった」

怒りをにじませながら当時を語る広岡

田尾安志

田尾安志氏

 そんななかで、意外にも楽天はGMにあの広岡達朗を迎え入れようと画策した時期があった。当の広岡は、怒りをにじませながら当時をこう語る。 「あのときは田尾と話をしたうえで『よし、来季もやれ』とハッパをかけ、三木谷にも田尾続投を勧めた。そして現在の選手、コーチを留任させたうえで、新たな人材を追加するコーチ人選を固めてフロントに提案したんだ。『これらのコーチを呼ぶのに4000万〜5000万円くらいかかる』と言うと、『そんなに出せない』と断ってきた」  広岡にとって、田尾は西武時代の教え子でもある。田尾の側に百戦錬磨のコーチ陣を据えることで選手を育てる環境を整備する計画を考えたが、フロントに一蹴され、“広岡GM”構想は露と消えた。

耐えかねて吹き込んだオーナーへの留守電

 夏場にはこんなこともあった。 「レポートを書かされました。まず1位と6位の差はどういうことかを説明するところからです。5勝4敗で16クールやると144試合で貯金16。4勝5敗だと借金16。今の楽天の場合だと、9試合で3勝6敗の借金3の状態。  その内容を見ると、1試合平均得点が3.5で、平均失点が6.1。これじゃあ当然勝てません。来季、平均得点を3.5から4点台にすることは、王さんとの交渉もまとまりつつあったので可能だろうと。  ただ、失点を6.1から減らすにはいいピッチャーがいないと難しい。ピッチャーの補強さえうまくいけば勝負にはなる。ただ、そのレベルにはまだ年数がかかるといった内容のレポートでした」  シーズン中、監督にレポートを書かせるなど前代未聞だ。実はこのレポートにはわけがあり、2度目の11連敗を喫した8月23日に島田球団代表から「明日負けたら休養」と勧告されたことが発端だ。
次のページ
志半ばでその役目を終えることになった新球団の初代監督
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠