スポーツ

田尾安志、最後まで埋まらなかった三木谷オーナーとの溝「口を出すなら直接言ってほしかった」

志半ばでその役目を終えることになった新球団の初代監督

田尾安志

’05年9月28日、シーズン最終戦を終え、楽天ナインに胴上げされる田尾監督。ファンからも退任を惜しむ声が飛んだ

「『わかりました。でも勝ったらどうするんですか?』と聞いたら、続投だと言われました。その薄っぺらさが頭にきたのでオーナーに直接電話したんです。だけど、まったく出ない。仕方ないので留守電にこう入れました。『ひとつ勝った負けたで球団の方針が変わるのか。自分は金儲けしたくて来たんじゃない。野球界のために、このチームは成功しないといけない。そのために選手やコーチを集めてきたんだから、考え方を変えないと強くなれない』。この日から、一度も電話は繫がっていません」  そして9月25日の朝、球団は田尾に監督解任を通告した。ホーム最終戦の前だった。 「オーナーサイドから10月18日に会いたいとようやく連絡が来ました。僕が功労金を断ったためです。ひとりでケンカしに行ったんですけど、向こうはオーナーと島田社長、米田代表、井上相談役の4人。大の大人がひとりで来られないのかと思いましたね。最初に謝罪から入ってきたので、振り上げた拳を下ろすしかなかった。ただ最後に、『この組織のままじゃ誰が監督でも強くなりませんよ』とはっきり伝えました」  こうして、半世紀ぶりに誕生した新球団の初代監督は、志半ばでその役目を終えることになった。

「与えられた戦力で毎日できるだけのことをやった」

 怒りは憎しみとなって人を蝕み、憎しみは苦痛となって人を変える。だが田尾が「あの環境がさほど苦にならなかったのは自信になった」と語るように、決して苦痛ではなかった。それは「与えられた戦力を駆使して毎日できるだけのことをやった」という自負があったからだ。  そしてもうひとつ、時代の寵児ともてはやされるIT社長だろうと一歩も引くことなく、己の信念を貫き通したからにほかならない。「自分は何も間違ってはいない。やれることはやりきった」という思いがあったからこそ、こうして今でも胸を張って当時を語れるのではないか――。  不本意な解任劇だったが現在は「いい経験になった」と述懐する田尾。ひとえに、田尾の姿勢が決してブレず、誰にも迎合せず、安易に群れなかったからだろう。ひとりの男が開拓者として道を切り開く上で、一番大切なことを田尾の生き様が教えてくれた気がする。 【田尾安志】 ’54年、大阪府出身。同志社大学を経て’75年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団すると、俊足巧打のリードオフマンとして新人王を獲得。’82年には打率.350を記録し、同年から3年連続最多安打に。’85年に西武、’87年に阪神に移籍し、’91年限りで引退 取材・文/松永多佳倫 写真/産経新聞社1968年生。岐阜県出身。琉球大学大学院在学中。出版社を経て2009年8月よりフリーランスとなり沖縄移住。ノンフィクション作家として沖縄の社会学を研究中。他にもプロ野球、高校野球の書籍等を上梓。著作として『まかちょーけ 興南 甲子園優勝春夏連覇のその後』、『沖縄を変えた男 栽弘義―高校野球に捧げた生涯』(ともに集英社文庫)、『マウンドに散った天才投手』(講談社α文庫)、『最後の黄金世代 遠藤保仁』、『善と悪 江夏豊ラストメッセージ』(KADOKAWA)など。現在、小説執筆中
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠