お金

一撃1万発も可能。バカボン、うまい棒、マクロスと続くハイスペックパチンコが熱い

 評判の悪かった新基準機だが、ここに来て一撃の魅力を秘めた新機種が続々と登場している。秋の夜長はパチンコ三昧でドル箱を積み上げたいものである。

6年ぶりの最新作は壁をぶち壊す神スペック

P神・天才バカボン~神SPEC~(Daiichi)
P神・天才バカボン~神SPEC~

P神・天才バカボン~神SPEC~
DAIICHI
©赤塚不二夫/ぴえろ

 老舗メーカーを代表する人気シリーズとして、これまでにナンバリング5タイトルが登場していた「天才バカボン」。実に6年ぶりの新作となる「P神・天才バカボン~神SPEC~」は、その名の通りの“神スペック“で10月上旬から全国のホールに導入される。 「P神・天才バカボン~神SPEC~」のスペックは大当り確率約1/319.7、右打ち時の実質確率約1/44.8の2種タイプ。初当たりが赤図柄揃いの「極鬼BONUS」ならRUSHに直行、青図柄揃いの「鬼BONUS」はV完成でRUSH突入だ。  RUSHは2種類あり、初当たりから75%で突入する時短42回転+残保留4回、継続率は約64%の「鬼RUSH」。そして上位RUSHである時短70回転+残保留4回転で継続率約81%の「神鬼RUSH」の2種類を搭載。  神鬼RUSHへは鬼RUSH中の大当りの33%で期待できるレインボー7揃いで移行となるが、その際には時短1031回転で実質次回大当り濃厚となる「超特訓」を経由するのが特徴。

大当たりはオール1500発

 大当りはオール1500個となっているため神鬼RUSH突入の段階で約4500個(※初当たりで1500個+鬼RUSHで1500個+超特訓から1500個)を獲得。さらに高継続の上位RUSHは最短0.5秒の超高速変動にスピードアップと、まさに神の名にふさわしい出玉感が期待できるのが特徴だ。  通常時の演出で注目になるのは、バカボンシリーズ伝統の白ウナギイヌが出現する白ウナギイヌ白熱予告、期待度急上昇のBAKA特訓予告、激アツの定番であるウナギイヌ&本官&レレレ群予告、そしてメーカー柄のてんとう虫柄の4大バカ予告。ほかにもこれまでのシリーズでお馴染みの演出と新たなストーリーが融合し、スペックだけではなく演出面もフル刷新。国民的キャラクターと現行機種トップクラスの“神”スペックで注目を集める「P神・天才バカボン~神SPEC~」、おでかけするなら導入ホールで決まりなのだ!
次のページ
マクロスのRUSH突入率は……
1
2
3
勝SPA!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事