ライフ

ギリギリの車上生活をする非正規40代。24時間営業のジムに駐車、公園で洗濯

ギリギリの生活が1年経過

 住所を失い、日銭を稼ぐギリギリの生活が始まってすでに1年余りが経過。コロナ禍は落ち着く気配を見せているが、田中さんの生活に好転の兆しはまだ見えない。 「今夏の緊急事態宣言のときも仕事を完全に失い、ドン・キホーテなどの格安弁当でなんとか飢えをしのぎました。だけど、本当に死ぬかと思いましたね。車内での孤独死だけはさすがに避けたい。  だからといって、生活保護は老人がもらうものであり、40代でまだ働ける自分がもらうのは恥だと思っている。親や親戚とも疎遠で頼る人もいません。  今後が不安で仕方ありませんが、私ができることは早くコロナが収束してくれることを祈るだけです」

今の貯金額は?

貧困パンデミック 彼とて、こんな生活を一生続けたいわけではない。 「もちろん、そのうちアパートを借りてちゃんと社会復帰しますよ。そのつもりでお金も貯めている。幸い、切り詰めた生活のおかげで、なけなしの収入でもだんだんと貯金が増えているんです。今の貯金額ですか? ようやく5万円になりましたよ」  来年には車検が切れてしまうので、この生活ももってあと1年程度。タイムリミットは迫っている。 【1ページ目】⇒この記事を最初から読む 【関連記事】⇒約3畳の“倉庫”で生活する30代派遣切り男性。住所がないから就活もできない <取材・文/週刊SPA!編集部> ※週刊SPA!10月26日発売号の特集「貧困パンデミック」より厚生労働省の生活支援特設ホームページでは、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し生活に困窮する方の相談を受付ている 「新型コロナウイルス感染症 生活困窮者自立支援金相談コールセンター」 0120-46-8030(受付時間9:00~17:00 平日のみ)
1
2
3
週刊SPA!11/2号(10/26発売)

表紙の人/ アスナ×戸松遥

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ