カーライフ

ガソリン代を1円でも安くする方法。燃費6km/lの中古外車オーナーの答えは

車のガソリン代を少しでも安くする方法

メルセデス・ベンツW140

メルセデス・ベンツW140の燃費は、都内は約6km/l、郊外一般道は7km/lといったところ

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私はケチなのですが単にケチなだけでなく、“ケチで快適”を目指すというドケチ快適な日々を送っています。  私は、高級腕時計やクルマといった高額アイテムを、買った値段かそれ以上で売ることによって、実質消費額を極力低くするという努力を実施。その結果、ケチりながらも高級品を所有するということが実現できているわけです。  しかしガソリン代が高騰している今、クルマを走らせただけでケチという観点では許しがたい状況となっています。  というわけで、今回は「車のガソリン代を少しでも安くする方法」を考えてみたいと思います。

所有するクルマの燃費は6km/l前後

 まず、私が現在所有しているクルマをご紹介。V8 5000ccエンジンを搭載した、メルセデス・ベンツのW140型Sクラスであります。燃費は、都内一般道だと6キロ前後といったところで、今の高燃費性能車と比べると「かなり燃費が悪い」部類のクルマだといえます。  また、ガソリンタンクの容量は約90Lと大きめで、メーターのランプがついてから満タンにすると、だいたい70L以上はゆうに入ってしまいます。  そのため、今のように、ガソリン価格が1リッターあたり170円超えとなっていると、満タンにした際の支払額は余裕で1万円超え。だいたい1万2000円、1万3000円といった支払額になるわけです。  そして、走ればガソリンはなくなっていくわけですから、月に1000km走ろうものなら、1週間と少しの頻度でガソリンスタンドに行く必要があるわけで、その度に1万2000円ものお金が消えていくということになってしまいます。そうなると、週1で高級レストランに通っているのと同じような感覚です。  ちなみに、リーマンショック直後の時期、ガソリン価格はレギュラーが88円、ハイオクが98円といった時期がありました。ハイオクを70リッター入れたとしても、支払額は6800円ほどで済んでしまうわけです。  とはいえ、この6800円という額も、高級レストラン並。1万2000円のディナーが、6800円のランチになった程度で、高額なことに変わりありません。
次のページ
燃費が良いセカンドカーを買うという選択
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白