エンタメ

“闘魂”を受け継ぐスターが誕生!?新日本プロレスが前代未聞の入門者募集プロジェクト実施

 まさに「時は来た――」か。先日、創立50周年の新日本プロレスが驚きの企画をぶち上げた。「年齢・身長制限無しで入門希望者を一般募集」するというものだ。  しかも、書類審査を潜り抜けた猛者たちには入門テスト受験までの間、団体のトップレスラーであるオカダ・カズチカ選手が直接指導を行う。その模様は密着取材され、地上波で放送されることも決定した。  折しも先日、創設者・アントニオ猪木氏が逝去。まさに新たな『闘魂』を受け継ぐスターの誕生が注目されるなかでのビッグプロジェクトだが、今回の企画で直接指導を行うオカダ・カズチカ選手にその真意を聞いてみた。

中高生や60歳のヤングライオンが誕生するかもしれない

オカダ・カズチカ

新日本プロレス所属 オカダ・カズチカ選手

――全ての男性が新日本のプロレスラーになれる可能性がある本企画はとても夢がありますね。 オカダ 直近を例にすると「18歳以上~23歳以下で、身長170cm以上の健康な男子」以外は応募も出来ませんでしたからね。これまで制限によってテストも受けられなかったダイヤの原石が、ぼこぼこ出てくるんじゃないかと期待しています。年齢制限がなくなったので0歳からでも応募出来るわけで。うちの2ヶ月の息子も応募させようかな(笑)。 ――さすがに生後2ヶ月はきついかと思いますが、年齢層の幅としてはどこまで想定していますか。 オカダ 本当に上も下もどこまでもです。だから中高生や60歳のヤングライオンが誕生するかもしれない。もちろん、危険な仕事ではあるので、徹底的な安全管理のもとでの審査や指導となりますが……。  とにかく一番大事なのは情熱です。逆にどんな年齢で、どれだけ鍛え上げた肉体を持っていても、情熱がないと苦しくて辛いだけの生活になってしまいますから「プロレスと新日本プロレスが大好きだ」という情熱を持って来てほしい。 ――今回、制限を撤廃したのは50周年記念というのが大きいのでしょうか。 オカダ はい。ですから制限なしで入門テストを受けられるのは今年だけかもしれません。だから今がチャンスと思って、少しでも胸に引っかかるものがあるのなら絶対に受けて欲しいですね。 ――新日本プロレスのトップレスラーであるオカダ選手が直接指導するというのもこの企画の目玉です。なぜ今回、指導役を買ってでたのでしょうか。 オカダ これからの新日本を背負うスターを作りたいんですよ。スターを作る為にはスターが教えた方が速いでしょ?  それに僕自身、もともとプロレスのエリートとして入門したわけではなかった。中卒でこの世界に入ったものの、ほかの選手みたいにアマチュアレスリングで華々しい実績があるとかでもない。闘龍門に入門した当初はスクワット500回すら出来ず、周りからは散々「お前はダメだ」と言われ続けてきた。  そんななかで努力を積み重ねて今の地位まで上り詰めた。だからスターに至るまでの泥臭い努力の仕方も知っている。そういう経験があるからこそ、幅広い人に教えられるものがあるんじゃないかなと自負しています。

次のトップを自分で育てることで新日本プロレスに恩返しがしたい

オカダ・カズチカ――将来、自分を倒すかもしれないスターを自らの手で育てようとしているわけですよね。 オカダ 僕を倒せるっていうことはつまりスターのなかのスターってことですから。そういう人にどんどん入ってきて欲しい。そういう選手がいてこそ、これからの新日本プロレスがある。  50年間、さまざまな選手が繋いできたたすきを次世代につないでいかないといけない。その為にはやっぱりスター選手が必要で、その星の数は多ければ多い方がいい。僕があと100年トップでいられればいいですがそれは無理ですから。トップでいられる期間は限られているんです。  そういうトップを自分の手で育てることによって新日本プロレスにも恩返し出来ますし、新たなトップを作った男としてプロレス界の歴史にオカダ・カズチカの名を刻むこともできるかなと。 ――後進を育てたいという思いはいつから出てきたのでしょうか。 オカダ それはずっと昔からです。僕の師匠は闘龍門というプロレス学校を創設したウルティモ・ドラゴンさんですが、そこを出て師匠の遺伝子を受け継いでいるプロレスラーが今は各団体にたくさんいる。そういう師弟の在り方を見てきたので、自分もいずれオカダ・カズチカの遺伝子を増やしていけたらいいなという風には思ってましたね。 ――ウルティモ選手といえば日本だけでなくアメリカやメキシコでも名を馳せた名選手です。指導はかなり厳しかったのでは? オカダ 肉体的な技術というよりはレスラーとしての在り方みたいなのを教えてもらいました。「常に自分が一番であると思いなさい」とか、あとは「挨拶はいくらしても損はない」とか。確かに挨拶はいくらしても損がないなと思いましたね(笑)。だから僕も技術的な部分だけでなく、そういったマインドのような部分も伝えたい。
次のページ
新日本プロレスの選手たちが受け継ぐ『闘い続ける精神』
1
2
募集要項
条件:年齢・身長制限なし・男性のみ
期間:2022年9月28日(水)〜10月21日(金)23:59
方法:応募フォームすべての必須項目を記入し受付
※厳正な精査のうえ、合格者には2022年10月末までにスタッフより連絡

応募フォームはこちらから
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ