恋愛・結婚

なぜ「初デートでファミレス」がNGなのか。“普通の男性”こそ店選びに注力すべき

 こんにちは。結婚相談所「マリーミー」で代表を務める植草美幸です。設立14年、累計約1000組のカップルを成婚に導いてきました。  2022年に放映された、『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)での特集をご覧になられた方もいらっしゃるでしょうか。番組の内容は、婚活苦戦中のとある女性会員の方を中心に密着したもので、大変な反響をいただきました。  しかし、婚活に迷うことに、男女の別はもちろんありません。本連載では男性向けの恋愛や婚活のノウハウを、婚活最前線の現場からご紹介いたします。  もしあなたがモテたいと思うなら、結婚したいのならば。実績に裏打ちされた自信がありますから、覚悟してついてきてくださいね。
ファミレス デート

画像はイメージです

「食事デートのマナー」大丈夫?

 最近、外食していますか? 物価高による相次ぐ値上げで、日頃は節約のために控えていらっしゃる方も多いかもしれません。けれど、恋活・婚活では「食事デート」は避けられない鉄板のデートコースです。  今回は初歩でありながらも奥深い、食事デートのマナーについてお送りいたします。「普段はファストフード店にしか行かない」「アポは取れるのに次に繋がらない」、そんな方々はもちろんのこと、「自分は完璧」と思っている方も、この機にぜひ復習してみてください。

「初回ファミレス」がNGな理由

 まずはSNS上でよく論争になる、「初デートでファミレス」問題から考えてみましょう。答えは「安いから」でも「おいしくないから」でも当然ありません。むしろ交際後なら、安くておいしい、気兼ねしないファミレスに普段着で一緒に行きたいと思う女性も多数います。  初手でNGとなるのは、「食事がメインの時間ではないから」という理由に尽きます。  息をしているだけでモテるような殿方はさておき、普通の男性が恋愛を成就させようと頑張っている段階では、「使えるものは使う」のが鉄則。周囲のムードだったり、物珍しいメニューだったり、「話題」「好印象」に繋げられるものはひとつでも多いに越したことはないのです。  よほど相性がよかったり、話術に長けた方ならファミレスでも盛り上げられるかもしれませんが、そうした悩みのない方はこの記事を開いていないはず。とびきりの奮発をする必要はありません。ただ少し調べる時間を用意して、デート向きのお店を予約してください。  ほかの注意点も根っこはすべて同じです。食事におけるマナーは枚挙に暇はないものの、なにもマナー講師に採点されに行くわけではありませんから。「相手と時間を共有している」ことへの意識が問われるだけ。 「楽しかったな」「落ち着いて過ごせたな」、そんな感想に水を差さない振る舞いができるようになるのを第一目標に、一つずつ確認していきましょう。
次のページ
「張り切ったレストラン」で幻滅されてしまうワケ
1
2
3
おすすめ記事
ハッシュタグ