エンタメ

本田圭佑が真っ赤なフェラーリで成田へ向かったワケ

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi  6月8日、ロシアへ出国するサッカー・本田圭佑選手が、赤のフェラーリ+金ピカファッションで成田空港へ! というニュースが、スポニチ誌の一面を飾った。 「子どもたちに夢を与えたい」と、都内から成田までのわずかな距離を、わざわざフェラーリで目立ちまくるなんざスバラシイ!! 子どもたちはともかく、49歳のワタクシは大いに夢をいただきました! いつかオレも本田選手と同じフェラーリ458イタリア買うぞ~~~~!!  ところがネット上では、極めてトンチンカンな反応が相次いだ。 ◆例その1 「本田、フェラーリ乗ってんのか。さすが稼いでるな」  本田選手の458イタリアは新車価格2830万円。多少オプション付けて、乗り出し3300万円程度だ。そんなの、年間何億円も稼いでる本田選手にすれば、はした金もいいところ。なんせオレですらフェラーリ乗ってんだから!! しかも今度で9台目。全部中古だけど。知り合いには年収290万円でフェラーリ買った男もいるぞ。もちろん中古だけど。 ◆例その2 「日本にほとんどいないのに、わざわざフェラーリなんか買うわけない。誰かに借りたんだろ」  これだから貧乏人は困る。フェラーリはワゴンRやカローラと違って、乗るためのクルマじゃない。買うためのクルマだ。ダイヤモンドみたいなもん。滅多に乗らなくていーの。乗ると減るし。 ◆例その3 「本田は去年は白のフェラーリ・カリフォルニアに乗ってたのに、今年は赤。いくらなんでもそんなに買い替えるのはおかしい」  セレブと自分のサイフを一緒にするべからず。フェラーリに魅せられた者は、しょっちゅう買い替えるのが普通だ。なんせオレですら1か月で買い替えたことあんだから。中古to中古だけど。本田選手が1年も持ってたことが驚きだ! ま、あんま日本にいないからな。
I LOVE FERARI

写真/池之平昌信

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事