ニュース

中国版ジャニーズにブサイクな地下アイドル…中国の「純国産アイドルブーム」の裏にある習政権の思惑

 これまで、アイドル“不毛の地”だった中国で、国産男性グループ「TFBOYS」が爆発的な人気を博している。「00后(’00年以降生まれ)」の3人で結成された同グループは、3年足らずで「微博(中国版ツイッター)」で1000万人以上のフォロワーを獲得。今やコカ・コーラなど大手食品メーカーの多くのCMに出演しており、いわば“中国版ジャニーズ”のような存在になっている。

サンシャイン

「ブサイクすぎる」として話題になった地下アイドルグループ「サンシャイン」

 彼らの人気ぶりについて、北京市在住の主婦・大西靖子さん(仮名・38歳)はこう話す。

「ファンの年齢層が小学生から中年女性までと、とにかく幅広い。近所の広場には、彼らのヒット曲にのせて踊り狂うおばちゃんの集団もいます。彼らがきっかけで、純真無垢な若いイケメンを指す『小鮮肉』という新語も登場し、アラサー&アラフォー女性の間で年下男性ブームが起こっています」

 彼らに続けとばかりに、2月だけでも「打倒TFBOYS」を宣言する「ナイス」や、似た名前の「SPTOYS」など3人組男性グループが結成されている。ところがネット上では、彼らのルックスに関する批判的なコメントが殺到。写真を見てみても、確かにアイドルとしてはどうみても難アリだ。

 一方、中国では最近、地下アイドルグループも数多く誕生しているのが、こちらもルックスはかなり微妙だ。例えば安徽省で昨年末に結成された5人組の「サンシャイン」も「ブサイクすぎるアイドル」として話題になった。ところが彼女らは「私たちは自分たちが可愛くないことを知っている。でも絶対に整形はしません」と語り、ルックスのハンディを逆手に取った。これが功を奏し、SNS上で拡散してファンを多く獲得する結果となったのだ。こうした現象について、中国での活動歴もあるタレントの宮下匠規氏はこう話す。

「中国の美男美女はみんな我が強く、メンバー全員がセンターに立ちたがる。だからすぐ解散してしまい、グループが成り立たない。そのため、管理しやすい非・美男美女が必然的にメンバーとなり、ルックス的にイマイチなグループが誕生しているのではないか」

次のページ 
ブサイクアイドルにも一定のファン

1
2
中華バカ事件簿

激動の現代中国社会をイッキに覗き見!中国実話120選




おすすめ記事