仕事のパートナーと…嫁には感じない温もりにドキッ

最近では「SEXなしの恋愛関係」を家の外に求める既婚男性が増えているという。なぜ既婚男性はプラトニックな恋を求めるのか?紆余曲折を経た末に結婚した男が、最後にたどりつくのはやはり純愛なのか。「プラトニックな浮気」を実践している男たちの声から、その答えを探っていきたい。

【同志型】
◆仕事のパートナーと寸止め恋愛!嫁には感じない温もりにドキッ!!
村上直樹さん(仮名・32歳)放送作家
★結婚歴:3年
★浮気デートの頻度:月2回

恋に恋する男

「SEXだけが特別な男女関係じゃないってことを彼女に教えられました」(村上さん)

「普段はジーパンにスウェットなのに、二人で会っているときは決まってふんわりスカート。僕のことを男として見てくれているのかな? 胸元を強調したファッションには毎度ながら、ドキッとしちゃいますね」

プラトニックな相手は、制作会社に勤務するテレビディレクター。村上さんは彼女(32歳)が担当する情報番組の放送作家だ。普段は、仕事絡みで週に3回ほど会う関係。秘め事(バーでのいい感じの語らい)がスタートして1年がたつ。

「家に帰ると、嫁(専業主婦)はグチばっかり。やれ今度の休日はあそこに連れていけだの、そろそろ子供が欲しいだの。対して彼女は、過酷なテレビ業界で身を削って頑張っているし、物わかりもいい。オトナの女性なんですよね」

誘えばいつでもエッチができそうなオトナの関係。でも、「一線を越えるつもりはありません」と村上さん。聞けば、“胸キュン”状態の持続がなんとも幸せなんだとか。

仕事絡みの人間で彼女の“女”の部分を知っているのは僕だけ。結婚適齢期ゆえのデリケートな悩みも話してくれるし、『全然ご無沙汰で……』なんてことも遠い目をしながら語ってくれる。『生きてりゃ、そのうちイイことあるさ』なんてアドバイスして、肩をギュッと揉んであげると、嫁さんでは感じることができない温もりが伝わってきたり。『このコが嫁だったらな~』なんて、ね(笑)」

何でも話せる濃密な関係でも、「あえて家庭の話をしないのが鉄則」と村上さん。彼女から夜のお誘いがあったら果たして村上さんはどんな“受け身”を取るのか。“恋に恋する”30男のプラトニックな浮気は、にんまり幸せなのだ。

― 30代の浮気[SEXより恋]の謎【4】 ―

PLATONIC SEX (小学館文庫)

故・飯島愛が自らの過去を赤裸々に綴った自伝的エッセイ




おすすめ記事