「顔が下品」「死ね、バカ」…社内で飛び交う“言葉の暴力”

◆企業内暴言集

体罰 精神的な暴力の代表格となるのが暴言だ。そして、会社内で行われる体罰のほとんどが暴言を伴うことが多い。「バカ」「死ね」「クビにするぞ」などの言葉を日々浴びせかけられることで、精神的に追い詰められ、鬱症状や心的な病を発症するケースも増えているという。そんな暴言の数々を抜粋した。

●「残業ができないなら辞めろ。パートを雇ったほうがマシだ!」
休日手当も残業代も出さない会社の上司から(製薬・28歳)

●「俺の言うことが聞けなければ、辞めて。代わりはいくらでもいる」
客からクレームがあったシステムを院長に指摘したら(医療・27歳)

●「死ね、バカ。そんなことだから結婚もできないし、クビにするぞ」
連日の徹夜の影響で事務処理をミスして(制作・31歳)

●「無理じゃねえよ、やれっつってんだよ!」
営業車を運転中、道を歩いているキレイそうな女性を見つけたときに声掛けろと強要(家具・27歳)

●「何日もつかな?大抵みんな1か月で辞めちゃうよ」
入社したその日に先輩社員より(海洋・22歳)

●「売り上げ足りないなら心臓売ってこい」
●「ここから(オフィスビルの13階)飛べ」
月に一度の定例会議で業績が振るわないと(食品・30歳)

●「向いてないし、採用試験に落ちればよかったのに」
●「顔が下品」
隣の50代女性教諭に毎日のようにイヤミを言われる (教師・25歳)

●「お前が勝手にやったんだから、自分で責任取れよ」
一気飲みを強要され、飲み会後、急性アルコール中毒で病院に運ばれたことを報告したら(不動産・25歳)

●「今の状態の写メ送れ!」
体調が悪く「病気で休みます」と報告したら(機械・29歳)

― 教育現場よりヒドい![会社の体罰]被害者が叫ぶ悲痛な声!!【5】 ―




おすすめ記事