レヴォーグは凄まじくいいスバル車【下流自動車評論家】

過払金とは文字どおり払いすぎたお金のこと。弁護士や司法書士のCMでやっているアレのことです。今回は自動車評論家史上初(?)、過払い金返還を受け、それを元手に新車を購入した、あの男の話です。彼が借金地獄に耐え過払い金をゲット。新車購入までの経緯(※前編参照)を、スバルの新車レヴォーグ(プロトタイプ)とともに披露します! MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi 池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu
スバル

ツインリンクもてぎでプロトタイプに試乗した感じでは、1.6リッターで十分かと。ネーミングが、レンジローバーの“イヴォーグ”と似ていて紛らわしいという意見も

◆下流自動車評論家がツラい借金地獄に耐えられたのもスバル車のおかげ!【後編】 МJ:で、今度発売になるスバルの新型車レヴォーグはどうだ? マリオ:はっ! レヴォーグは、北米市場に合わせて大きくなりすぎたレガシィ・ツーリングワゴンの代役として日本市場に投入される、ちょうどいいサイズのステーションワゴンであります! МJ:思えばスバルも大勝利だな。北米でレガシィやフォレスターがバカ売れし、史上最高益を更新。その勢いを駆って、日本専用モデルを開発する余裕が生まれたのだから。 マリオ:まったくであります! МJ:で、本日はそのプロトタイプに試乗したわけだが、感想は? マリオ:ボディの作りの凄まじいほどの良さに悶絶しました! МJ:ボディ剛性か? マリオ:単なる剛性ではなく、ボディ全体で足の動きを減衰しているかのようなフィーリングであります。新開発の1.6リッター直噴ターボエンジンも、しっかりトルクが出ております! МJ:評論がオタクすぎる。それより商品性の高さに着目せよ。なによりこのサイズだ。先代レガシィとほぼ同じで、日本国内で乗るのにちょうどいい。 マリオ:とにかく、凄まじくいいスバル車が出たであります! МJ:スバルも大勝利、マリオも大勝利だな。インプの納車はいつだ? マリオ:間もなくとのことですが、MT車の注文があまりにもレアなため、納期が遅れております。 МJ:レヴォーグは全車CVTだな。 マリオ:そこだけが残念です。MTモデルの追加を熱望します! МJ:それは売れんだろう。 【結論】 レヴォーグの発売は5月の予定。消費税アップ後ゆえに、先行予約の動きは地味めだが、スバル車らしく長く愛されそうな中身の濃いクルマだ。スバルやマツダが勝てば日本経済は勝つ! 1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事