スポーツ

W杯日本代表が第2戦を戦うスタジアムも未完成のまま…

ナタウショッピング

スタジアムからおよそ1km。サポーターの拠点となりそうな「ナタウショッピング」

 決勝トーナメントへの可能性を大きく左右するギリシャ戦まであとわずか。日本代表に先んじてナタウ入りした記者は、「運命の一戦」が行われるスタジアム「アレーナ・ダス・ドゥナス」をひと足先に視察することにした。

 30度を超える猛暑のなか徒歩で、スタジアムよりおよそ1km南にある大型ショッピングセンター「ナタウショッピング」に到着した記者。スタジアムを一望できるこのショッピングセンター。スタジアムはここより低い土地に建っているため、ちょうど目線高さで捉えることのできる絶好の場所。試合前に腹ごしらえをしたり待ち合わせるには絶好の場所だ。ここから国道沿いに坂を下っていけば、およそ15分ほどでスタジアムへ到着する。

ナタウショッピング前のバス停

ナタウショッピング前のバス停からスタジアムを望む。この道は当日通行止めになる予定

 記者も生ビールを3杯飲んでからスタジアムへ。厳密に試合当日のシミュレーションをする。

 スタジアムへ続く坂を下るが、急なうえ、歩道が非常に悪い。試合当日はこの一帯は車両通行止めとなり、車道もサポーターが歩けるはずだが、あまり足元はよくない。

 スタジアムへ近づくにつれ、空きテナントや巨大な空き地が増えてきた。「引っ越しました」と書かれた垂れ幕には新しい住所が書かれており、ここが商売に向かない場所だということが伺い知れる。

 巨大なスタジアムが視界いっぱいに入ってきた。新設されたこのスタジアムはまゆ型のデザインが斬新。建築大国ブラジルの息吹を感じさせる。

公園内に建てられた「アレーナ・ダス・ドゥナス」

公園内に建てられた「アレーナ・ダス・ドゥナス」

 公園内に建っているスタジアムへは公園の敷地内を通る。道順は看板で指示されているので問題はないだろう。指示にしたがっていくと「南ゲート」へと続く。前日はアメリカ×ガーナ戦でこの一帯は大変な騒ぎであったが、今日は人っこひとりおらず、少し危険を感じるくらいだ。

アレーナ・ダス・ドゥナス

曲線を多用したデザイン

 公園内には政府関係の建物などがあり、警察の詰め所も確認された。当日の警備は万全といったところか。巨大な州旗をバックに撮影などをしていたら、ちょっと様子が違う場所があることに気づいた。ちょうど「メディア受付」のあるあたり、ここは駐車場になっていたのだが、アスファルトから水が噴き出し、小川のようになっている。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=664178

 南ゲートから西ゲートに回りこんでいく道沿いに進むと、驚くべきことが。歩道がほとんどできていないのである。ブロックを敷き詰め、歩道にする計画だったと思うが、途中で投げ出したかのようにところどころブロックが積んである。なかにはブロックどころか、地面の赤土がむき出しになり、水たまりになっている場所も。

 反対側から幹線道路を跨いで、スタジアムへと繋がる歩道橋に至っては、まったく完成しておらず、黄色と黒のトラテープで「立ち入り禁止」が示されている。

歩道橋は立入禁止

歩道橋は立入禁止

 さらに進む。南ゲートから西ゲートに至る道路と歩道、およそ300mがまったくの未完成だった。西ゲートからメインの北ゲートに至っては、赤土がむき出しの”歩道”が現れた。この道を自転車を引いて通っていたおじさんも、凹凸のある道に四苦八苦している。

 そして北ゲート(メインゲート)へ到着。なんとそこに、W杯のロゴで目隠しはされているが、作りかけの道路とヤードのような雰囲気の一角が現れた。

 ゲートを警備していた係員は、「ここはW杯のために新設されたスタジアム。スタジアムを作るのに精一杯で、周りまで手が回らなかったよ(笑)」と自虐気味に笑っていたが、試合時は5万人以上が集まり、世界の注目を集めるスタジアムの動線がこんなレベルでいいはずがない。

 当日観戦するサポーターは、明るいうちにスタジアムに到着し、暗くなった帰りは足元に十分注意して帰途についてほしい。ケガなどしたら勝利の歓喜も半減してしまう。 <取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)>




おすすめ記事